VIASOカード デザイン一覧(すべて年会費無料)

三菱UFJニコス社が発行する年会費無料のVIASOカードは、どのようなデザインのカードがあるのでしょうか?

5種類のおすすめVIASOカードを紹介しますので、デザイン選びの参考にしてみてください。

シルバーデザインのVIASOカード

VIASOシルバー

スタンダードなデザインのVIASOカードは、シルバーデザインのカードしかありません。

ゴールドカードなどランクの高いカードもありません。

つまり、キャラクターなどとコラボレーションをしているカード以外のごく普通のデザインのカードが良いということであれば、シルバーデザイン一択です。

サイト内を確認⇒・VIASOカード

(※VIASOカードについて理解を深めたい方や、メリットだけでなくデメリットもしっかり知った上で申し込みをしたい方は下のリンク先の記事を読んでください。)

VIASOカードの入会特典&入会後のメリット・デメリットをたっぷり解説!

ぐでたまデザインのVIASOカード

ぐでたま

年会費無料であることや、その他の基本的なサービス内容に関しては、シルバーデザインのVIASOカードと全く同じです。

ぐでたまカード独自のサービスとしては、入会特典としてステッカーのプレゼントがあります。

VIASOカード(ぐでたま デザイン)

ぐでたまクレジットカード 入会時&入会後のメリット・デメリットをたっぷり解説!

マイメロディデザインのVIASOカード

MASTERマイメロディ

年会費無料であることや、その他の基本的なサービス内容に関しては、シルバーデザインのVIASOカードと全く同じです。

マイメロディカード独自のサービスとしては、「VIASO eショップ」を経由してサンリオオンラインショップで買い物をするとポイントがお得になるサービスがありますので、ファンの方ありがたいですね。

VIASOカード(マイメロディデザイン)

マイメロディクレジットカード 入会時&入会後のメリット・デメリットをたっぷり解説!

くまモンデザインのVIASOカード

くまモンGreen

ピンクもあります↓↓

くまモンpink

年会費無料であることや、その他の基本的なサービス内容に関しては、シルバーデザインのVIASOカードと全く同じです。

くまモンカード独自のサービスとしては、カード利用代金の0.2%が熊本県へ寄付されるという「ふるさとくまもと応援寄付金」機能が付いています。(※現在は0.4%)

普段のお買い物をした時に、カード会社さんが寄付してくれるサービスですので、カード会員としては特別な負担がなく寄付が出来るという、本当にありがたいサービスですね。

VIASOカード(くまモンデザイン)

くまモンクレジットカードとは?VIASOカードと他のくまモンカードの違いについても解説!

ラブライブ!デザインのVIASOカード

ラブライブ

年会費無料であることや、その他の基本的なサービス内容に関しては、シルバーデザインのVIASOカードと全く同じです。

ラブライブ!カード独自のサービスとしては、描き下ろしオリジナルステッカーのプレゼントがあります。

VIASOカード(ラブライブ!デザイン)

ラブライブ!クレジットカード 入会時&入会後のメリット・デメリットについてたっぷり解説!

シルバーデザインをおすすめする理由とは?

男女問わず、VIASOカードの中で最もおすすめのデザインは、「スタンダードデザイン=シルバーデザイン」です。

理由は入会時のポイントプレゼントがお得だからです。

シルバーデザインの場合、入会日から3ヶ月後末日までに15万円以上VIASOカードで支払いをした場合、9,000円相当のVIASOポイントがプレゼントされます。

しかし、キャラクターデザインの場合は、9,000円相当ではなく5,000円相当に。

・シルバーデザイン:9,000円相当

・キャラクターデザイン:5,000円相当

ですので、普段のお買い物でクレジットカード決済をし、3か月あれば15万円程度使うという方は、シルバーデザインにしないと損をします。

すでに他のクレジットカードを持っている方も、シルバーデザインのVIASOカードを使うようにして、9,000円相当のポイントを手に入れるのは賢い方法です。

せっかくクレジットカードを作るのであれば、無理のない範囲で入会特典をゲットしないともったいないですよね。

サイト内を確認⇒・VIASOカード

【お急ぎの方必読】VIASOカードはいつ届く?審査期間とカード到着までの流れ

※最新のチケット情報↓↓

Endless SHOCKのニコスカード枠を探す

宝塚歌劇団のカード会社先行を探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする