神席・良席は?『滝沢歌舞伎ZERO(ゼロ)』の座席について(2019年 京都・東京)

2019年2月3日から京都四条南座(京都)、4月・5月には新橋演舞場(東京)にてSnow Man出演、そして、滝沢秀明くんが演出を行う舞台『滝沢歌舞伎ZERO(ゼロ)』が上演されます。

 

この記事では、過去の新橋演舞場での滝沢歌舞伎を参考に座席について書いておきます。

 

(※『滝沢歌舞伎ZERO』に関しては異なる個所があるかもしれません。また、京都四条南座公演に関しては過去公演を参考に出来ませんので、座席の特徴に関しては新橋演舞場公演のみ書いておきます。)

 

座席別の料金(京都四条南座)

京都四条南座公演の座席別料金は以下の通りです。

S席(1・2階席)10,000円

A席(3階席)8,000円

※税込価格

 

※最新のチケット情報は↓↓

チケットの取り方は?『滝沢歌舞伎ZERO(ゼロ)』(2019年 京都・東京)前売り券 購入方法 まとめ

 

座席別の料金(新橋演舞場)

新橋演舞場公演の座席別料金は以下の通りです。

 

S席(1・2階席)12,000円

A席(3階席)6,500円

※税込価格

 

※最新のチケット情報は↓↓

チケットの取り方は?『滝沢歌舞伎ZERO(ゼロ)』(2019年 京都・東京)前売り券 購入方法 まとめ

 

座席の特徴(新橋演舞場)

過去の滝沢歌舞伎を参考に、『滝沢歌舞伎ZERO』新橋演舞場公演の座席の特徴について書いておきます。

(※過去公演と相違があった場合はご了承ください。)

 

S席 1階席

1階席でも端の方になると見切れ席になる恐れがありますし、1階席でも後ろの方になると見えづらくなることもありますので、1階だから良席というわけではありません。

 

しかし、S席の1階席は、舞台から近く良席が多く含まれているのは間違いありません。

 

1階前列ですと、出演者の汗まで見ることができるかもしれませんね。

 

また、タッキーが主演を務めていた『滝沢歌舞伎』では、毎回、演者が通路を通る演出がありましたので、今回も同様の演出があれば、通路側も良席と言えそうです。

 

S席 1階桟敷席

過去の『滝沢歌舞伎』新橋演舞場公演では、桟敷席があり、お弁当付きの特別プランチケットも申し込みが行われます。

 

しかし、今回の『滝沢歌舞伎 ZERO』では、桟敷席のお弁当付きの特別プランについての発表はまだありません。

 

新橋演舞場公演の桟敷席についての販売方法は現時点で未定とのことですので、続報を待ちましょう。

 

※後日追記↓↓

『滝沢歌舞伎ZERO』(2019)新橋演舞場公演でも桟敷席があり、お弁当付きの特別プランチケットも販売されています。

『滝沢歌舞伎ZERO』(2019年)桟敷席(さじきせき)チケットぴあ先行申し込み方法

 

S席 2階席

2階席は、1階席に比べてどうしても舞台からは少し離れてしまいますので、演者から遠くなりますので、オペラグラスか双眼鏡を持っていくことをおすすめします。

 

タッキーが主演を務めていた『滝沢歌舞伎』ではフライングの演出があり、お席によっては神席でした。

 

今回も同様の演出であれば、2階席でも神席が含まれている可能性はあります。

 

A席 3階

3階席はどうしても遠くなってしましますので、オペラグラスや双眼鏡を必ず持っていくようにしましょう。

 

通路は見えにくいかと思いますので、設置されているモニターを見ることになるでしょう。

 

3階席では、ストーリーや雰囲気、全体の演出を楽しむといった感じになりますので、神席と呼ばれるような座席はないと考えた方が良いですね。

 

※カード枠、発表されました↓↓

カード枠は?『滝沢歌舞伎ZERO(ゼロ)』(2019年 京都・東京)クレジットカード枠 先行チケット申し込みについて

タイトルとURLをコピーしました