滝沢歌舞伎ZERO 2022年公演の上演時間 終了時間など時間構成を予想!

滝沢秀明くん演出、Snow Man主演、IMPACTors出演舞台『滝沢歌舞伎ZERO(ゼロ)2022』が、2022年4月6日から5月16日に新橋演舞場(東京)にて上演されます。

 

観劇したい舞台の上演が発表されたとき、特に遠方から来られる方ですと、上演時間(公演時間)や終了時間が気になるかと思います。

 

開演時間や終了時間がわかることで、交通機関の確保ができますし、終わる時間によっては、宿泊施設の予約もしなければならない場合もあるのでとても重要です。

 

この記事を書いている時点では、開演時間のみで上演時間までは分かっていませんので、これまでの『滝沢歌舞伎』や、ここ最近のジャニーズ作品の舞台を参考に上演時間について予想してみます。

 

時間構成・上演時間について

滝沢歌舞伎ZEROの上演時間は?(過去)

これまでの『滝沢歌舞伎』の時間構成は、1幕と2幕の2部構成となっていて、1幕と2幕の間には、30分ほどの幕間(まくあい)という休憩をはさみました。

 

滝沢歌舞伎2016

会場:新橋演舞場

(2時間45分 ※休憩含む)

 

13:00開演

第一部 13:00~14:15(1時間15分)

休憩30分

第二部 14:45~15:45(1時間)

 

18:00開演

第一部 18:00~19:15(1時間15分)

休憩30分

第二部 19:45~20:45(1時間)

 

滝沢歌舞伎2017

会場:新橋演舞場

(3時間5分 ※休憩含む)

 

13時開演

第一部 13:00~14:25(1時間25分)

休憩 30分

第二部 14:55~16:05(1時間10分)

 

18時開演

第一部 18:00~19:25(1時間25分)

休憩 30分

第二部 19:55~21:05(1時間10分)

 

滝沢歌舞伎2018

会場:新橋演舞場

(2時間40分 ※休憩含む)

 

13時開演

第一部 13:00~14:00(1時間)

休憩 30分

第二部 14:30~15:40(1時間10分)

 

18時開演

第一部 18:00~19:00(1時間)

休憩 30分

第二部 19:30~20:40(1時間10分)

 

滝沢歌舞伎2018

会場:御園座

(2時間45分 ※休憩含む)

 

13時開演

第一部13:00~14:05(1時間5分)

休憩 30分

第二部14:35~15:45(1時間10分)

 

18時開演

第一部 18:00~19:05(1時間5分)

休憩 30分

第二部 19:35~20:45(1時間10分)

 

滝沢歌舞伎2019

会場:京都四条南座

(2時間30分 ※休憩含む)

 

13時開演

第一部 13:00~14:10(1時間10分)

休憩  30分

第二部 14:40~15:30(50分)

 

18時開演

第一部 18:00~19:10(1時間10分)

休憩  30分

第二部 19:40~20:30(50分)

 

滝沢歌舞伎2019

会場:新橋演舞場

(2時間40分 ※休憩含む)

 

☆13時開演

第一部 13:00~14:10(1時間10分)

休憩  30分

第二部 14:40~15:40(60分)

 

☆18時開演

第一部 18:00~19:10(1時間10分)

休憩  30分

第二部 19:40~20:40(60分)

 

滝沢歌舞伎ZERO2021

会場:新橋演舞場

(2時間30分 ※休憩含む)

 

☆12時30分開演

第一部 12:30~13:45(75分)

休憩  30分

第二部 14:15~15:00(45分)

 

☆17時30分開演

第一部 17:30~18:45(75分)

休憩  30分

第二部 19:15~20:00(45分)

 

2021年4月12日に東京都「まん延防止等重点措置」の適用により、一部演出を変更し上演時間を変更することを発表しました。

 

変更以降の上演時間は以下の通りです。

(2時間25分 ※休憩含む)

☆12時30分開演

 

第一部 12:30~13:40(70分)

休憩 30分

第二部 14:10~14:55(45分)

 

☆17時30分開演

第一部 17:30~18:40(70分)

休憩 30分

第二部 19:10~19:55(45分)

 

2022年公演の上演時間は?(予想)

例年通りの時間構成ですと、2部構成で上演時間は3時間前後となるのでしょうが、新型コロナウイルス感染拡大後のジャニーズ作品の舞台の時間構成はどの公演も変更点がありました。

 

1幕もので幕間の休憩時間はなし、上演時間も2時間までと縮小されています。

 

2021年以降、帝国劇場で上演された『ドリボ』もABC座(えび座)シリーズ『ジャニ伝』、『ジャニアイ』、新橋演舞場で上演された『少年たち』も休憩なしの2時間程度で上演されています。

 

ですので、2022年の『滝沢歌舞伎ZERO』も、時間構成は1幕もので、幕間の休憩時間はなし、上演時間も2時間程度になると予想しています。

 

【上演時間の予想】

・12時公演:12:00~14:00

・17時15分公演:17:15~19:15

 

あくまで予想ですので、時間構成や上演時間が大幅に外れた場合はご了承ください。

 

上演時間 発表後追記

上演時間が公式サイトで発表されました。

 

・12時公演【昼の部】

第1幕 12:00~13:10(70分)

休憩 30分

第2幕 13:40~14:40(60分)

 

・17時15分公演【夜の部】

第1幕 17:15~18:25(70分)

休憩 30分

第2幕 18:55~19:55(60分)

 

以上、『滝沢歌舞伎ZERO2022年公演の上演時間 終了時間など時間構成を予想!』という記事でした。

 

※カード会社先行が発表されました↓↓

【2022年】カード枠は?滝沢歌舞伎ZERO 新橋演舞場公演 クレジットカード枠 チケット申し込み方法

タイトルとURLをコピーしました