Endless SHOCK 2020(20周年)の座席は?神席 良席 見学席について過去公演をおさらい!

2020年2月4日から帝国劇場で堂本光一くん主演舞台『Endless SHOCK 20th Anniversary』(エンドレスショック)が上演されます。

『Endless SHOCK 20th Anniversary』の座席表は、この記事を書いている時点では発表されていませんが、過去の公演を参考にSHOCKの座席についておさらいしてみます。

席種と料金

この記事を書いている時点で、チケット申し込みは発表されていますので、席種と料金についてはアナウンスがありました。

・S席13,300円

・A席9,000円

S席とA席の違い

『Endless SHOCK 20th Anniversary』の座席表は、この記事を書いている時点で発表されていませんので、S席、A席がどのように分かれているかは不明です。

ですので、過去公演をおさらいしてみます。

『Endless SHOCK 2019』での座席は以下の通りです。

S席が1階と2階席の前から8列。

(※前列の右端・左端の席を併せると10列)

A席は2階の9列目以降。

(※前列の右端・左端の席を併せると11列以降)

今回も同じ座席になるかわかりませんが、これまでの『Endless SHOCK』では、上記のような分け方になっていますので、今回の『Endless SHOCK 20th Anniversary』も同じ座席となる可能性が高いです。

神席・良席はどの座席?

『Endless SHOCK 20th Anniversary』の神席・良席は、どのあたりになるのでしょうか?

ドームで行われるコンサートに比べれば、帝国劇場はキャパが狭い分、どの席からも距離が近いです。

そういう意味では、どの席も神席と言えるかもしれません。

その中で、特に神席と言えるのは、過去公演を参考に考えると、1階席前列や1階通路側、2階席前列、見学者席近くです。

それぞれの席の特徴を説明します。

1階席前列

1階席前列は、とにかく大好きな自担を近くで見ることができます。

舞台から1番近いので、自担の細かい表情や汗まで確認できる距離なので神席と言えます。

同じS席1階席でも、端の方になると見切れ席で見えにくい部分があったり、後席だと見えにくい場合もあります。

1階通路側

ジャニーズ作品の舞台では、通路を使った演出が行われるケースが多いです。

『Endless SHOCK』も、毎回、光一くんが1階通路側に登場する演出がありますので、今回も期待しても良いかな?と思っています。

すぐにそばを通っていきますので、一瞬ですが、1階前列よりも近くで見ることができます。

もちろん、すべての通路を通るわけではありませんので、同じ通路側でも当たりハズレはあります。

2階席前列

これまでの『Endless SHOCK』では、2階席に光一くんが舞い降りるという演出も行われていました。

今回も同じような演出があれば、フライング時には表情がばっちり見えたり、2階前列であれば舞台の全体を見ることができますので、神席とも言えます。

見学者席近く

ジャニーズ作品の舞台では、出演者のメンバーや先輩・後輩が舞台の見学に訪れます。

今回の『Endless SHOCK 20th Anniversary』では、ライバル役にKAT-TUNの上田くんが出演しますので同じグループの亀梨和也くんや中丸雄一くんが観に来るかもしれませんね。

見学者は特定の席(見学ブース)があるようですが、近くの席になると見学者が見えるでしょうし、見学者が前を通って席に着くということもあるかもしれません。

見学席は1階最後列や貴賓席と呼ばれるガラス張りの部屋となると、SNSでもよく話題になっていますね。

もちろん、見学者を見つけても、ジロジロ見たり、迷惑がかかるような行為は絶対NGです。

以上、『Endless SHOCK 2020(20周年)の座席は?神席 良席 見学席について過去公演をおさらい!』という記事でした。

※最新のチケット情報は↓↓

チケットの取り方は?堂本光一主演舞台 Endless SHOCK 2020(20周年)前売り券 申し込み方法 まとめ

※カード枠も発表されました↓↓

カード枠は?Endless SHOCK 2020(エンドレスショック)カード会社先行 申し込み方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする