Endless SHOCK2021の座席は?神席 良席 見学席について過去公演をおさらい!

2021年2月4日~3月31日に帝国劇場にて、堂本光一君主演舞台『Endless SHOCK-Erernal-』(エンドレスショック-エターナル-)が上演されます。

 

『Endless SHOCK-Erernal-』帝国劇場公演は、S席とA席の2種類となっています。

 

まだまだこれから状況がどうなるかはわかりませんが、この記事を書いている時点では、政府から発表された入場制限の緩和方針に基づき、前後左右を空けずに販売されることとなっています。

 

今回の『Endless SHOCK-Erernal-』に関して、「絶対にこうなる!」と言い切れませんが、過去公演を参考に「これまでの神席」を紹介しておきます。

 

これまでの「神席=良席」とは?

S席1階席の前方

1階席の中で最も「神席」と呼べるのは、やはり最前列の席でしょう。

 

最前列は、出演者を間近で観ることができますし、迫力満点舞台を堪能できます。

 

S席 1階席の通路側

ジャニーズ作品の舞台では、通路を使った演出が行われるケースが多いです。

 

ですので、通路側のお席だと出演者が真横を通るといったこともありますので、間違いなく神席と呼べます。

 

ただ、2021年の『Endless SHOCK-Erernal-』帝劇公演に関しては、感染症対策のため、通路演出が行われない可能性も考えられます。

 

2階席の前方

2階席は舞台から遠くなってしまいますが、2階席の前方でしたら、舞台全体を見ることができ、落ちついて舞台を楽しめます。

 

以前は、フライング演出もありましたので、2階席でも迫力のあるフライングを間近で見ることができました。

 

フライングの最後は2階席に着地するという演出がありましたね。

 

ただ、2021年の『Endless SHOCK-Erernal-』帝劇公演に関しては、感染症対策のため、フライングが行われない可能性も考えられます。

 

※1月15日追記

1月7日に政府より発出された緊急事態宣言を受け、2月公演については、新たにお席を販売しないため、予定していた一般発売を中止し、販売済みのチケットにつきましても、最前列より2列と補助席を含めた数列を空けるなどの対処をすることになりました。

 

ですので、2月公演での神席と呼ばれるS席1階の最前列での観劇は不可能となりました。

 

以上、『舞台Endless SHOCK-Erernal-(2021年2月・3月公演)帝国劇場の座席は神席・良席がない可能性も?』という記事でした。

 

※当選確率UPのために↓↓

【2021年公演追記】カード枠は?Endless SHOCK -Eternal-(エンドレスショックエターナル)カード会社枠 申し込み方法

タイトルとURLをコピーしました