【座席】帝国劇場でのジャニーズ舞台の神席は?S席・A席・B席・C席とは?

ジャニーズ作品の舞台がよく上演されている帝劇(帝国劇場)の座席について紹介します。

 

通常(ジャニーズ以外)の座席は?

 

帝国劇場は、1階席と2階席があります。

 

公演によって変わることもありますが、基本的な帝国劇場の席種は、以下のように分かれています。

・1階席:S席とA席

・2階席:S席、A席、B席

■1階

・S席:前から21列目まで

・A席:S席最後列から6列

 

■2階

・S席:前から7列
(前2列は端に数席あるだけですので、ある意味、5列とも言えます。)

・A席:S席の後ろ3列

・B席:A席の後ろ4列

 

座席のチケット代金は、S席が一番高くなり、差額は2千円ほどになります。

 

S席は超良席に当たる可能性がありますので、コアなファンの方には人気です。

 

しかし、1階S席でも端の方になると見えにくくなることもあります。

 

逆にA席の真ん中の方が全体的に見えやすかったりするので、チケット代が高いS席が必ずしも良いとは限らないのが難しいところです。

 

(※通常の座席表はこちら

 

ジャニーズ作品の座席は?

ジャニーズ作品の舞台の場合は、毎回、異なりますので、申し込み前にしっかりとチェックをする必要があります。

 

過去公演はこんな感じでした!

Endless SHOCK 2015 S席・A席

Endless SHOCK 2016 S席・A席・B席

Endless SHOCK 2017 S席・A席・B席

Endless SHOCK 2018 S席・A席

Dream Boys 2018:S席・A席

アイランドシリーズ S席・A席・B席・C席

 

最近の公演を例に詳しく書くと、2019年9月に上演された岸優太くん・神宮寺勇太くん主演舞台『DREAMBOYS』の座席は、以下の通り。

S席:12,500円

A席:8,000円

■1階

・S席

 

■2階

・S席:前から10列

(※2階の前2列は端に数席あるだけですので、2階のS席は8列とも言えます。)

・A席:2階S席の後ろすべて

 

そして、2019年12月8日から2020年1月27日まで上演された『ジャニーズアイランド』の座席は、以下の通りでした。

・S席:¥12,800

・A席:¥10,000

・B席:¥8,000

・C席:¥6,000

■1階

・S席

 

■2階

・S席:前から7列

(※2階の前2列は端に数席あるだけですので、2階のS席は5列とも言えます。)

・A席:S席の後ろ3列

・B席:A席の後ろ4列

・C席:B席の後ろ1列

 

ジャニーズ作品の神席とは

特に神席となるのは、やはり1階S席前列ですね。

 

1階S席前列は、かなり舞台から近くなります。

 

最前列だと近過ぎて舞台全体の演出を楽しめない恐れもありますが、それでも、演技する自担の表情を間近で見れるのはレアですので、神席確定です。

 

ジャニーズ作品の舞台では、2扉や9扉(S席とA席間の通路の両端にある扉)から出演者が登場し、通路を通って舞台に上がっていく演出が行われることもあります。

 

その場合、1階席のS席通路側席は、出演者がすぐ横を通る可能性がありますので、最前列に近い席でなくとも神席と言っても良いかなと思います。

 

もちろん、劇中に通るので演技の邪魔にならないよう目に焼き付ける程度で我慢してください。

 

あと、ジャニーズ作品の場合、公演によっては、2階席に出演者が登場する演出もありますので、2階席でも神席になるというケースもあります。

 

そして、舞台全体の演出を楽しみたい人は、中途半端な1階席よりも、2階席の中央前列が見やすいかなと思います。

 

ジャニーズ作品の舞台に限らず、演劇ファンの中には、2階の前列が落ち着いて観劇できるので好きだという方も少なくはありません。

 

以上、『【座席】帝国劇場でのジャニーズ舞台の神席は?S席・A席・B席・C席とは?』という記事でした。

 

※今後のチケットゲットのために↓↓

ジャニーズ作品の舞台のカード枠 クレジットカードはどれが良い?

タイトルとURLをコピーしました