バンドルカードの後払いチャージは審査がある?上限金額や手数料はいくら?

バンドルカードは、プリペイドカードアプリですので、カード内にお金をチャージしないといけないのですが、そのチャージした金額を後払いで支払う仕組みがあります。

名前は、ポチっとチャージ!!

チャージした金額+手数料をコンビニなどで、チャージした翌月末までに支払えばOKです。

欲しい物や、欲しいチケットがあるけど、今はお金がないから諦めようという悩みを、スマホでポチっとチャージするだけで解消してくれるということです。

これだけ聞くと、すごく良いサービスなのですが、メリット以上に大きなデメリットがないか?気になりますよね。

この記事では、バンドルカードの後払いチャージの審査、上限金額や手数料について書いておきますので、バンドルカードアプリをダウンロードする前にチェックしてみてください。

後払いチャージの審査はある?

バンドルカード自体の登録も、後払いチャージの申請も、クレジットカードを作る時や、キャッシングをする時のような審査はまったくありません。

ですので、例えば、ブラックリストに載っているような方でも、バンドルカードを作ることが出来ますし、後払いチャージを利用することが出来ます。

もし、後払いチャージの審査が通らなかったのであれば、それは、別の理由でしょう、

例えば、以前のポチっとチャージ支払いがまだ済んでいなかったり、何らかの規約違反があったり、入力ミスがあったりというような理由が考えられます。

公式⇒・バンドルカード

上限金額はどうやって決まる?

バンドルカードの後払いチャージはクレジットカードを作る時や、キャッシングをする時のような審査はありません。

ただし、上限金額を決める審査はあります。

上限金額は最大50,000ですが、最初から50,000円前借出来るわけではありません。

私の場合は最初は5,000円スタートでした。(おそらく、今は多くの方がそうだと思います。)

バンドルカードの公式サイトには、詳細浜では書かれていませんが、以下の項目が上限金額を決める審査の際に影響していると書いています。

・カード利用状況
・ポチっとチャージのお支払い状況
・利用しているカード種別

利用しているカード種別というのはバンドルカードのリアルカードを持っているのか?持っている場合はどのリアルカードなのか?ということです。

ですので、バンドルカードのアプリをダウンロード&登録した後、有料ですが、リアルカードを作ると、上限金額の審査に有利ということですね。

今後、後払いチャージを積極的に利用したいのであれば、リアルカードを作ったり、少額でも何度かチャージ→支払いを繰り返したりという、ちょっとした努力が必要です。

公式⇒・バンドルカード

手数料は高いの?

バンドルカードの後払いチャージ(=ポチっとチャージ)は、手数料がかかります。

ポチっとチャージの手数料:

・3,000円〜10,000円: 500円

・11,000円〜20,000円: 800円

・21,000円〜30,000円: 1,150円

・31,000円〜40,000円: 1,500円

・41,000円〜50,000円: 1,800円

手数料が高い、安い、人によって意見は様々だと思いますが、金欠の時や、急いで支払いをしなければいけない時は、手数料がかかってもありがたいですよね。

特に金欠の時!!

4月1日に、バンドルカードにチャージした金額を5月31日に支払えばOKというのは、お金がないけど、欲しいものがある方からすると、ラッキーですね。

もちろん、翌月末までにはしっかり後払いをしましょう。

以上、『バンドルカードの後払いチャージは審査がある?上限金額や手数料はいくら?』という記事でした。

その他の詳細は、バンドルカード公式サイト内をチェックしてみてください。

※チケット購入時に使いたい↓↓

バンドルカードをチケットの支払い用に作る際の注意点とは?

※クレカが作れない・作りたくない↓↓

今後のためにカードを作りたいけど、クレジットカードの審査が取らない方や、クレジットカードはあまり好きではない方は、デビットカードを作るという選択肢もあります。

【比較】三菱UFJデビット VISA・JCBそれぞれのメリットだけでなくデメリットも解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする