宝塚歌劇のチケットをベネフィット・ステーション(ベネステ枠・ベネフィット枠)で申し込む際の注意点

宝塚歌劇のチケットをベネフィット・ステーション(ベネステ枠・ベネフィット枠)で申し込む際の注意点を書いておきます。

個人がお得に登録できる方法も紹介しますので、ベネフィット・ステーション未会員の方もぜひ読んでみてください。

会員登録

ベネフィット・ステーションというのは福利厚生サービスです。

つまり、基本的には、企業が加入し、そこで働く従業員の方が会員となり、ベネフィット・ステーションで取り扱っているサービスを受けられるというものになります。

ただし、個人が会員になる方法もあります。

最もスタンダードな方法は、公式サイトからベネフィットステーションプライベートの会員登録を行うという方法です。

この場合、最初の月から月額300円(税抜)がかかってしまいます。

無料期間が欲しいということであれば、デイリーPlusというYahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービスに登録をして、ベネフィット・ステーションのチケットサービスを利用するという方法がおすすめです。

ベネフィット・ステーション自体、どのようなものがあるのかわからないという方に関しては、このデイリーPlusの無料期間を利用する方が良いですね。

しかも、当ブログ経由であれば、条件なしで2か月間無料です。

ちなみに、どの窓口から登録をしてもID画を取得することになるのですが、このIDを複数持つことは規約違反ではありません。

もちろん、それぞれのIDでチケット申し込みをすることも問題ありません。

ですので、デイリーPlusに登録をしているけど、公式サイトからも登録をして会員になっているという、複数ID持ちの方も少なくはないでしょう。

デイリーPlusについて、詳しくは下のリンク内の記事を読んでみてください。

デイリーPlusに最大2か月無料登録してベネフィットステーションのチケット申し込みをする方法

申し込み方法

宝塚歌劇の場合、基本的には抽選申し込みと先着申込みの2回行われます。

インターネットでの申し込みで、希望日時やクレジットカード情報を入力します。

クレジットカード決済のみですので、もし、クレジットカードを1枚も持っていないのであれば、カード会社先行の対象カードから1枚作っておくと良いでしょう。

抽選申し込みも先着申込みも、プレイガイド一般発売よりもかなり前に行われることが多いので、気が付いたら終わっていたということがないよう注意が必要です。

例えば、2019年上演の『El Japón』宝塚大劇場公演の場合、プレイガイド一般発売は10月12日ですが、ベネフィット・ステーションでの抽選申し込みは7月31日~8月12日に行われ、先着申込みは8月15日から行われました。

抽選申し込みの当落確認方法

宝塚歌劇の場合、メールで当落結果が届きます。

また、マイページで確認することも可能です。

カード会社先行と比較

宝塚歌劇の場合、カード会社先行とベネフィット・ステーション、どちらの方が良いかというと、カード会社先行です。

理由はカード会社さんによっては貸切公演があること。

あとは、取扱い公演や取扱い日程が圧倒的にカード会社先行の方が多いからです。

ただし、現時点で行きたい公演がベネフィット・ステーションにある場合は、デイリーPlusの2か月無料登録を利用して、1度、会員になってみると良いでしょう。

上でも書いた通り、当ブログを経由すれば、条件なしで2か月無料登録が可能ですので、チケット申し込みのために迷っている方には大変おすすめです。

発表済みの宝塚×ベネステ枠は?

現在、発表されている、宝塚歌劇のベネステ枠があるかどうかは、下のリンク内よりチェックしてみてください。

宝塚歌劇 ベネフィット・ステーション 一覧

以上、『宝塚歌劇のチケットをベネフィット・ステーション(ベネステ枠・ベネフィット枠)で申し込む際の注意点』という記事でした。

お得に会員登録をする方法については下のリンク内の記事を読んでみてください。

デイリーPlusに最大2か月無料登録してベネフィットステーションのチケット申し込みをする方法

※カード会社先行は↓↓

当選確率UP?宝塚歌劇 カード会社先行(カード会社貸切)のチケット申し込みで利用出来るおススメのクレジットカードについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする