三菱UFJニコスチケットサービス×宝塚歌劇 良い座席&当選確率UPを狙う方法はあるの?

三菱UFJニコスチケットサービスでは、宝塚(宝塚歌劇団)のチケット申し込みが行われています。

 

高倍率の人気公演の時に、「対象カードを作っておけば良かった・・・」と悔やんだ経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、宝塚歌劇×三菱UFJニコスチケットサービスの特徴や注意点を書いておきますので、三菱UFJニコスチケットサービスで使えるカードを申し込む前の方も参考に読んでみてください。

 

三菱UFJニコス×宝塚歌劇の特徴

対象の公演について

カード会社さんのサービスということであれば、三菱UFJニコス貸切公演というようなものがありそうですよね。

 

しかし、宝塚歌劇の三菱UFJニコス貸切公演はありません。

 

ですので、貸切公演のチケット申し込みのためではなく、通常公演のチケット申し込みのためにカード申し込みをするといこうことを理解しておきましょう。

 

ちなみに、宝塚大劇場や東京宝塚劇場での大劇場公演だけでなく、別箱公演のチケットもよく取り扱っています。(バウホール公演の取り扱いはなし)

 

貸切公演がないのは残念ですが、最近は宝塚友の会でもチケットが取れないと言われていますので、三菱UFJニコスチケットサービスで使えるカードを1枚持っておくと役立つときがきっとあると思います。

 

また、貸切公演がないということは、逆に言うと、他の貸切公演のあるカード会社先行に比べて競争率が低い可能性も考えられます。

 

座席について

どの公演も基本的にはS席以下で、SS席の取り扱いはまったくありません。

 

カード会社先行でSS席を狙いたいのであれば、セディナ貸切公演・JCB貸切公演・三井住友カード貸切公演などのカード会社さんの貸切公演しかありません。

 

申し込み方法について

三菱UFJニコスチケットサービスでの宝塚歌劇のチケット申し込みは、先着申し込みまたは抽選申し込み。

 

どちらになるかは公演によって異なります。

 

特に先着申し込みに関しては、発表の数日後に先着申し込みスタート!ということが多いため、チケット申し込みの発表後にカード申し込みをしても、肝心のチケット申し込みに間に合わない可能性があります。

 

ですので、今後、宝塚歌劇のチケット申し込みのために、三菱UFJニコスチケットサービスの対象カードを作りたいと考えている方は、チケット申し込みの発表より前にカード申し込みをしておくことをおすすめします。

 

 

その他:Q&A

良い座席を狙う方法はある?

三菱UFJニコスチケットサービスで行われる宝塚歌劇のチケット申し込みは、良席を保証するサービスが全くありません。

 

どの公演も基本的にはS席以下で、SS席の取り扱いはまったくありません。

 

当選確率UPを狙う方法はある?

三菱UFJニコスチケットサービスで行われる宝塚歌劇のチケット申し込みは、プラチナカードやゴールドカードなどランクの高いクレジットカード会員向けの先行販売はありません。

 

つまり、当選確率を上げるための方法もないということです。

 

ですので、年会費無料の対象カードでOK!

 

SS席の取り扱いがないのは残念ですが、年会費無料のカードを作るだけで、会員限定のチケット申し込みが出来るというのは、ある意味、無料でファンクラブに入るようなものですので、ありがたいですよね。

 

三菱UFJニコスチケットサービスの対象カードで年会費無料というと、VIASOカードというスタンダードなクレジットカードです。

 

公式サイト:VIASOカード

 

※ぐでたま・マイメロディ・くまモン・ラブライブ!といった、キャラクターデザインの可愛いカードもいくつかあります。

詳しくは、VIASOカード デザイン一覧という記事を読んでみてください。

 

最新のチケット情報について

カード会社先行情報

三菱UFJニコスチケットサービスを含む、カード会社先行のチケット申し込み情報については、宝塚歌劇 カード会社先行 チケット情報 一覧をチェックしてみてください。

 

以上、『宝塚歌劇×三菱UFJニコスチケットサービス 良い座席&当選確率UPを狙う方法は?』という記事でした。

 

年会費無料の三菱UFJニコスチケットサービスの対象カードを作っておきたい方は、VIASOカードの公式サイトをチェックしてみてください。

 

公式サイト:VIASOカード

 

※ぐでたま・マイメロディ・くまモン・ラブライブ!といった、キャラクターデザインの可愛いカードもいくつかあります。

詳しくは、VIASOカード デザイン一覧という記事を読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました