服装や髪型は?舞台 ジャニアイ/キンプリアイランド(ジャニーズ King&Prince アイランド)観劇マナーまとめ

2018年12月~2019年1月にかけて、帝劇(帝国劇場)にてKING&Prince(キンプリ)が主演を務める舞台『JOHNNY’S King & Prince IsLAND』(キンプリアイランド/ジャニアイ)が上演されます。

ツイッターでは、主演のキンプリが今年デビューしたということもあって、キンプリファンが舞台や帝劇に行くのが初めての方が多いかもしれないので、舞台に対するマナーを知らない人が多いかもと心配する声がたくさんありました。

この記事では、舞台観劇の際のマナーや注意点をまとめておきます。

持ち物についての注意点

応援グッズは原則NG

舞台はコンサートではありませんので、うちわやペンライトなどの応援グッズは持っていかないようにしましょう。

舞台の後半には、ショータイムがある場合も座って手拍子をする程度ですので、うちわやペンライトは必要ありません。

双眼鏡・オペラグラスはOK

双眼鏡やオペラグラスを使っての観劇は問題ありません。

むしろ、帝劇1階の中央売店にて貸出しをしているくらい、劇場としてもおススメしている行為です。(貸出料500円、保証金5,000円)。

ただし、前列で双眼鏡やオペラグラスを使っている方が多いと、演者はやりにくさを感じる人もいるかもしれませんので、席によっては少し注意が必要かもしれませんね。

服装・髪型についての注意点

服装

帝国劇場と聞くと、格式高いフォーマルな格好をしなければいけないというイメージがあるかもしれません。

しかし、実際はそこまで堅苦しい格好をする必要はありません。

たくさんいらっしゃるわけではありませんが、ジーンズの方もいるくらいです。

(宝塚歌劇などでもジーンズの方はいます。)

ただ、コンサートグッズのTシャツは控えた方が良いと思います。

コンサートグッズのTシャツだからといって入場を断られるわけではありませんし、絶対にNGというわけではありませんが、中にはコンサートグッズのTシャツでの観劇をよく思わない方もいますし、少し場違いな感じは否めません。

せっかく格式高い帝劇で大好きな人のお芝居を観るのですから、無理をしない程度に、いつもより少しおしゃれしていくというくらいでちょうど良いかなと思います。

いつもより上品な服装で行くことも帝劇での舞台観劇の楽しみの1つにすると、毎回、楽しみが1つ増えますよ。

大好きな自担に会いに行くのですから、デートに行くつもりでおしゃれをしてみたら楽しいのですよね。

髪型・髪飾り

舞台はコンサート以上に前の方のマナーによってステージが見えづらくなるものです。

髪型に関しては、お団子や盛り髪などは後方の迷惑になりますので控えておきましょう。

同じ理由で、髪飾りを付けたり、帽子を被ったままの観劇はNGです。

特にキンプリファンは、キンプリから「ティアラ」と呼ばれていますので、「頭にティアラや花冠を付けてくるのでは?」と心配する声も目にしました。

後方の迷惑にならないものであればOKですが、少しでも迷惑になりそうな可能性があるものは、控えておきましょう。

観劇中のマナーについて

座り方

髪型のところでも書きましたが、舞台はコンサート以上に前の方のマナーによってステージが見えづらくなるものです。

後方席に配慮して、前のめりにならず、背もたれに背中を付けて座りましょう。

舞台に夢中になりすぎて、思わず前のめりになってしまいそうですが、前のめりになって観劇していると後ろの方は、見えにくくなります。

初めて観劇される方が気付かないうちにやってしまいがちなマナー違反ですので、気を付けましょう。

騒音

私語は、もちろん禁止です。

自担の素敵な姿を見て、叫びそうになっても我慢してください。

携帯電話の電源も必ずOFFにしておいてください。

あとは、ビニール袋の音やカバンの中から何かを取り出す音ですね。

これらの音を出してしまう行為も、初めて観劇される方が気付かないうちにやってしまいがちなマナー違反ですので、気を付けましょう。

演出の邪魔にならないようにする

ジャニーズ作品の舞台では、通路を使った演出がよくあります。

今回の『キンプリアイランド』では、どのような演出になるかはわかりませんが、万が一通路演出があった場合、近くに大好きな人が通るので、興奮する気持ちはわかりますが、席を立ったり、出演者に触れるといった行為は絶対にやめましょう。

拍手・スタンディングオベーションについて

コンサートとは違い、座席に座って舞台を観ます。

声掛けやアピールは禁止です。

応援できる手段は、拍手のみです。

素晴らしい演技に対して、拍手で気持ちを伝えます。

そして、舞台終了後、感動を伝える場合は、スタンディングオベーションで、気持ちのこもった拍手でたたえましょう。

スタンディングオベーションは、舞台観劇の1つの醍醐味でもありますので、恥ずかしがらずに、参加することをおすすめします。

※後日追記

今後の当選確率UPのために↓↓

カード枠は終了していますが、今後のジャニーズ作品・外部舞台のチケット申し込みのために、対象カードを作っておきたいという方は下のリンク内の記事を読んでみてください。

カード枠は?舞台 ジャニアイ/キンプリアイランド(ジャニーズ King&Prince アイランド)クレジットカード枠のチケット申し込み方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする