ビューカードチケット優待の対象カードはどれが良い?おすすめのビューカードを紹介します。

JR東日本系列のクレジットカードであるビューカードの会員のみが申し込みできるチケットサービス(=ビューカードチケット優待)の対象カードについて紹介します。

 

おすすめの対象カードから、対象外のカード、非会員の方への注意点まで書いておきますので、今からカード申し込みをされる方は参考に読んでみてください。

 

おすすめの対象カード

「ビュー・スイカ」カード

 

 

 

 

カード名 「ビュー・スイカ」カード
年会費 524円(税込)
家族カード 524円(税込)
ETCカード 524円(税込)
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
ポイント還元率 0.5% ※ポイントUPあり
海外旅行傷害保険 あり ※自動付帯
申し込み対象年齢 高校生を除く18歳~

 

ビューカードの中で最もスタンダードな1枚が良いという方は、「ビュー・スイカ」カードと言うクレジットカードがおすすめです。

 

上の表でポイント還元率は0.5%と書きましたが、あくまで基本的な還元率であり、さらにポイントUPする方法がいくつかあります。

 

通常 1000円で5ポイン(0.5%)
定期券の購入 1000円で15ポイント(1.5%)
スイカチャージ 1000円で15ポイント(1.5%)
JRE POINT加盟店 100円で1ポイント(1%)
※通常のポイントとは別に付与
WEB明細書を利用 年間600円相当のポイント
ボーナスポイント ※年間の利用額に応じて付与
・30万円:250ポイント
・70万円:1000ポイント
・100万円:15000ポイント
・150万円:25000ポイント

(※上記ポイントはすべてJREポイント)

 

ポイントをしっかり貯めるためにすべての会員さんが出来ることは、WEB明細にして年間600円相当のポイントを手に入れること。

 

そして、スカイへのチャージを利用することですね。

 

「ビュー・スイカ」カードでスイカにチャージをすれば、1.5%還元。

 

「ビュー・スイカ」カードでSuicaにチャージする癖をつけて、SuicaをできるシーンではSuicaを利用すると、単純にクレジットカード決済をするよりは、効率よくポイントが貯まります。

 

スイカにチャージするごとに1.5%というのは、かなり良いポイント還元サービスと言えますね。

 

チケットJCBで使えるカードを1枚も持っていない方は、今後、チケットJCBでも利用できるように、JCBマーク付きを選びましょう。

 

1枚のクレジットカードを作るだけで、2つの会員制チケットサービスを使えるというのは、ある意味当選確率を上げるためのカードと言えますね。

 

その他のカードスペック、お得な入会キャンペーンについては、公式サイト内をチェックしてみてください。

 

公式:「ビュー・スイカ」カード

 

ビックカメラSuicaカード

 

 

 

 

カード名 ビックカメラSuicaカード
年会費 524円(税込)
初年度無料
年1回の利用で翌年度も無料
家族カード なし
ETCカード 524円(税込)
国際ブランド VISA・JCB
ポイント還元率 1% ※ポイントUPあり
海外旅行傷害保険 あり ※自動付帯
申し込み対象年齢 高校生を除く18歳~

 

年会費がお得で、高還元率が期待できるビューカードが良いということであれば、間違いなくビックカメラSuicaカードです。

 

通常 1000円のお買い物で
・JREポイント5ポイント
・ビックポイント5ポイント
=合計10ポイント還元(1%)
定期券の購入 1000円で15ポイント(1.5%)
※JREポイントのみ
スイカチャージ 1000円で15ポイント(1.5%)
※チャージしたSuicaを使ってビックカメラで買い物をするとさらに10%還元
※JREポイントのみ
JRE POINT加盟店 100円で1ポイント
※通常のポイントとは別に付与
※JREポイントのみ
WEB明細書を利用 年間600円相当のポイント還元
※JREポイントのみ

 

「ビュー・スイカ」カードと違って、年間の利用額に応じたボーナスポイント付与がありませんが、それでも「ビュー・スイカ」カードよりビックカメラSuicaカードの方がお得です。

 

まず、通常のカード決済時は、ビューカードのJREポイントだけでなく、ビックポイントも貯まる、いわゆるポイントの二重取りが出来ます。

 

0.5%+0.5%=1%

 

通常でもポイント還元率は1%ということです。

 

そして、さらに賢く使いたいのであれば、Suicaチャージを利用しましょう。

 

ビックカメラSuicaカードでSuicaにチャージすると1.5%還元。

 

さらに、そのチャージしたSuicaを使ってビックカメラで買い物をするとさらに10%還元。

 

あわせて、11.5%。

 

11.5%というのは超高還元率。

 

少し高めの電化製品を購入する際に、このカードのありがたみがよく分かります。

 

普段から、ビックカメラSuicaカードでSuicaにチャージする癖をつけて、Suicaを利用出来るシーンではSuicaを利用する。

 

そして、ビックカメラで買い物をする際も忘れないようにしておけば、年間通して、かなりポイントが還元されることは間違いないでしょう。

 

チケットJCBで使えるカードを1枚も持っていない方は、今後、チケットJCBでも利用できるように、JCBマーク付きを選びましょう。

 

1枚のクレジットカードを作るだけで、2つの会員制チケットサービスを使えるというのは、ある意味当選確率を上げるためのカードと言えますね。

 

その他のカードスペック、お得な入会キャンペーンについては、公式サイト内をチェックしてみてください。

 

公式:ビックカメラSuicaカード

 

まとめ:迷ったらこの選び方でOK!

この2枚のどちらのカードが良いか?

 

まとめると、選び方は下のとおりです。

 

・とにかくスタンダードなカードが良い

・ゴールドへのランクアップを目指したい

・家族カードも作りたい

「ビュー・スイカ」カードがおすすめ。

 

・年会費がお得なカードが良い

・ポイント還元率が高いカードが良い

・ゴールドへのランクアップは考えていない

・家族カードは必要ない

ビックカメラSuicaカードがおすすめ。

 

その他:Q&A

対象外=使えないカードは?

ビューカードチケット優待で使えないカードは、ツーマークのあるカード、ビュー法人カード、ビジネスえきねっとカードです。

 

ビュー法人カード、ビジネスえきねっとカードは名前の通り分かるかと思いますので、ツーマークのあるカードのみ説明します。

 

ツーマークのあるカードは、JR東日本と提携している他社が発行するビューカードのことです。

 

具体的には下記のカード。

 

イオンSuicaカード
横浜バンクカードSuica
ANA VISA Suicaカード
みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
SMBC CARD Suica
Yahoo! JAPANカードSuica
スーパーICカードSuica「三菱UFJ-VISA」
TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD

 

上記のカードは、提携カードですので、ビューカードチケット優待で決済用カードとして利用することが出来ませんので、ご注意ください。

 

ゴールドカードにした方が有利?

ジャニーズタレント出演舞台も、宝塚歌劇も、その他 演劇・ミュージカル・歌舞伎などのチケット申し込みの場合、ゴールドカードにする必要はありません。

 

スタンダードなカードや年会費やポイントサービスがお得なカードでOKです。

 

もう1度カードの選び方を書いておくと…

 

・とにかくスタンダードなカードが良い

・ゴールドへのランクアップを目指したい

・家族カードも作りたい

「ビュー・スイカ」カードがおすすめ。

 

・年会費がお得なカードが良い

・ポイント還元率が高いカードが良い

・ゴールドへのランクアップは考えていない

・家族カードは必要ない

ビックカメラSuicaカードがおすすめ。

 

以上、『ビューカードチケット優待の対象カードはどれが良い?使えない対象外のクレジットカードとは?』という記事でした。

タイトルとURLをコピーしました