ビューカードチケット優待の対象カードはどれが良い?おすすめのビューカードを紹介します。

JR東日本系列のクレジットカードであるビューカードの会員のみが申し込みできるチケットサービス(=ビューカードチケット優待)の対象カードについて紹介します。

 

おすすめの対象カードから、対象外のカード、非会員の方への注意点まで書いておきますので、今からカード申し込みをされる方は参考に読んでみてください。

 

おすすめの対象カード

「ビュー・スイカ」カード

 

 

 

 

 

カード名 「ビュー・スイカ」カード
年会費 524円(税込)
家族カード 524円(税込)
ETCカード 524円(税込)
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
ポイント還元率 0.5% ※ポイントUPあり
海外旅行傷害保険 あり ※自動付帯
申し込み対象年齢 高校生を除く18歳~

 

ビューカードの中で最もスタンダードな1枚が良いのであれば、「ビュー・スイカ」カードと言うクレジットカードですね。

 

「ビュー・スイカ」カードはJREポイントが貯まります。

 

上の表でポイント還元率は0.5%と書きましたが、あくまで基本的な還元率であり、さらにポイントUPする方法がいくつかあります。

 

通常 1000円で5ポイン(0.5%)
定期券の購入 1000円で15ポイント(1.5%)
スイカチャージ 1000円で15ポイント(1.5%)
JRE POINT加盟店 100円で1ポイント(1%)
※通常のポイントとは別に付与
WEB明細書を利用 年間600円相当のポイント
その他 ボーナスポイント還元
※年間の利用額に応じて

(※上記ポイントはすべてJREポイント)

 

上記のとおり、通常のポイント還元だけではありませんので、使い方によっては高還元率カードになりますね。

 

チケットJCBで使えるカードを1枚も持っていない方は、今後、チケットJCBでも利用できるように、JCBマーク付きを選びましょう。

 

1枚のクレジットカードを作るだけで、2つの会員制チケットサービスを使えるというのは、ある意味当選確率を上げるためのカードと言えますね。

 

その他のカードスペック、お得な入会キャンペーンについては、公式サイト内をチェックしてみてください。

 

公式:「ビュー・スイカ」カード

 

ビックカメラSuicaカード

 

 

 

 

 

カード名 ビックカメラSuicaカード
年会費 524円(税込)
初年度無料
年1回の利用で翌年度も無料
家族カード なし
ETCカード 524円(税込)
国際ブランド VISA・JCB
ポイント還元率 1% ※ポイントUPあり
海外旅行傷害保険 あり ※自動付帯
申し込み対象年齢 高校生を除く18歳~

 

ポイントサービスがお得なビューカードが良いということであれば、ビックカメラSuicaカードにしておきましょう。

 

なぜなら、ビックカメラSuicaカードは、JREポイントだけでなく、ビックポイントも貯まるからです。

 

そのポイントの2重取りのおかげで基本的なポイント還元率は1%になりますが、さらにポイントUPをする方法がいくつかあります。

 

通常 1000円のお買い物で
・JREポイント5ポイント
・ビックポイント5ポイント
=合計10ポイント還元(1%)
定期券の購入 1000円で15ポイント(1.5%)
※JREポイントのみ
スイカチャージ 1000円で15ポイント(1.5%)
※JREポイントのみ
JRE POINT加盟店 100円で1ポイント
※通常のポイントとは別に付与
※JREポイントのみ
WEB明細書を利用 年間600円相当のポイント還元
※JREポイントのみ

 

ビックカメラSuicaカードには年間の利用額に応じたボーナスポイント付与がありません。

 

しかし、それでも、ポイントの2重取り・スイカ利用時・年会費実質無料という点を考えると、「ビュー・スイカ」カードよりビックカメラSuicaカードの方がお得です。

 

チケットJCBで使えるカードを1枚も持っていない方は、今後、チケットJCBでも利用できるように、JCBマーク付きを選びましょう。

 

1枚のクレジットカードを作るだけで、2つの会員制チケットサービスを使えるというのは、ある意味当選確率を上げるためのカードと言えますね。

 

その他のカードスペック、お得な入会キャンペーンについては、公式サイト内をチェックしてみてください。

 

公式:ビックカメラSuicaカード

 

その他:Q&A

対象外=使えないカードは?

ビューカードチケット優待で使えないカードは、ツーマークのあるカード、ビュー法人カード、ビジネスえきねっとカードです。

 

ビュー法人カード、ビジネスえきねっとカードは名前の通り分かるかと思いますので、ツーマークのあるカードのみ説明します。

 

ツーマークのあるカードは、JR東日本と提携している他社が発行するビューカードのことです。

 

具体的には下記のカード。

 

イオンSuicaカード
横浜バンクカードSuica
ANA VISA Suicaカード
みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
SMBC CARD Suica
Yahoo! JAPANカードSuica
スーパーICカードSuica「三菱UFJ-VISA」
TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD

 

上記のカードは、提携カードですので、ビューカードチケット優待で決済用カードとして利用することが出来ませんので、ご注意ください。

 

ゴールドカードにした方が有利?

ジャニーズタレント出演舞台も、宝塚歌劇も、その他 演劇・ミュージカル・歌舞伎などのチケット申し込みの場合、ゴールドカードにする必要はありません。

 

その他 カード申し込み前の注意点は?

ビューカードチケット優待での申し込みはほとんどが先着申し込み。

 

しかも、発表と同時に発売開始、または、発表の数日後に発売開始というケースばかりです。

 

つまり、発表後にカード申し込みをしていては、間に合わない可能性が高いということですね。

 

もし、今後、ジャニーズタレント出演舞台、宝塚歌劇、その他 演劇・ミュージカル・歌舞伎などのチケット申し込みを行う可能性がある方は、あらかじめカード申し込みをしておくことをおすすめします。

 

おすすめの対象カードで紹介したとおり、スタンダードなビューカードが良いのであれば、「ビュー・スイカ」カード

 

年会費&ポイントサービスがお得なカードが良いのであれば、ビックカメラSuicaカードという選び方が良いかと思います。

 

以上、『ビューカードチケット優待の対象カードはどれが良い?使えない対象外のクレジットカードとは?』という記事でした。

タイトルとURLをコピーしました