ビューカードチケット優待の対象カードはどれが良い?おすすめのビューカードを紹介します。

JR東日本系列のクレジットカードであるビューカードの会員のみが申し込みできるチケットサービス(=ビューカードチケット優待)の対象カードについて紹介します。

 

おすすめの対象カードから、対象外のカード、非会員の方への注意点まで書いておきますので、今からカード申し込みをされる方は参考に読んでみてください。

 

ビューカードチケット優待 対象カード

おすすめの対象カードは?

 

 

 

 

カード名 「ビュー・スイカ」カード
年会費 524円(税込)
家族カード 524円(税込)
ETCカード 524円(税込)
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
ポイント還元率 0.5% ※ポイントUPあり
海外旅行傷害保険 あり ※自動付帯
申し込み対象年齢 高校生を除く18歳~
その他セールスポイント Suica 定期券 JRE POINTカード、
クレジットカードが1枚に!

公式:「ビュー・スイカ」 カード

 

普段使い&チケット申し込みのためにカードを作るのであれば、スタンダードなクレジットカードを選ばれることをおすすめします。

 

スタンダードなビューカードというと、「ビュー・スイカ」カードです。

 

上の表でポイント還元率は0.5%と書きましたが、あくまで基本的な還元率であり、さらにポイントUPする方法がいくつかあります。

 

通常 1000円で5ポイン(0.5%)
定期券の購入 1000円で15ポイント(1.5%)
オートチャージの利用 1000円で15ポイント(1.5%)
JRE POINT加盟店 100円で1ポイント(1%)
※通常のポイントとは別に付与
ボーナスポイント ※年間の利用額に応じて付与
・30万円:250ポイント
・70万円:1000ポイント
・100万円:15000ポイント
・150万円:25000ポイント

(※上記ポイントはすべてJREポイント)

 

あと、チケット目的の方で、チケットJCBで使えるカードを1枚も持っていない方は、今後、チケットJCBでも利用できるように、JCBマーク付きを選んでおきましょう。

 

1枚のクレジットカードを作るだけで、2つの会員制チケットサービスを使えるというのは、ある意味当選確率を上げるためのカードと言えますね。

 

対象外=使えないカードは?

ビューカードチケット優待で使えないカードは、ツーマークのあるカード、ビュー法人カード、ビジネスえきねっとカードです。

 

ビュー法人カード、ビジネスえきねっとカードは名前の通り分かるかと思いますので、ツーマークのあるカードのみ説明します。

 

ツーマークのあるカードは、JR東日本と提携している他社が発行するビューカードのことです。

 

具体的には下記のカード。

 

イオンSuicaカード
横浜バンクカードSuica
ANA VISA Suicaカード
みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
SMBC CARD Suica
Yahoo! JAPANカードSuica
スーパーICカードSuica「三菱UFJ-VISA」
TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD

 

上記のカードは、提携カードですので、ビューカードチケット優待で決済用カードとして利用することが出来ませんので、ご注意ください。

 

ゴールドカードにした方が有利?

ジャニーズタレント出演舞台も、宝塚歌劇も、その他 演劇・ミュージカル・歌舞伎などのチケット申し込みの場合、ゴールドカードにする必要はありません。

 

普段使い&チケット申し込みのためにカードを作るのであれば、スタンダードな「ビュー・スイカ」カードがおすすめです。

 

以上、『ビューカードチケット優待の対象カードはどれが良い?使えない対象外のクレジットカードとは?』という記事でした。

 

※今後の舞台チケットのために↓↓

カード会社先行で使える年会費無料カード まとめ

タイトルとURLをコピーしました