宝塚歌劇のチケット先行販売・先行抽選は?おすすめのチケットの取り方を紹介します。

宝塚(宝塚歌劇)のチケットは超高倍率です。

 

公式ファンクラブである宝塚友の会の会員さんでもなかなかチケットが取れず、「友会は、お友達になってくれない」と揶揄されるほど。

 

ですので、宝塚友の会への入会だけでなく、他の申し込み方法を知っておく必要があります。

 

幸い、宝塚のチケット申し込み方法は、人気コンサートやプロスポーツの観戦よりもたくさんあります。

 

この記事では、宝塚のチケットの取り方の中で、おすすめの先行申し込み(先行販売・先行抽選)を紹介しますので、参考に読んでみてください。

 

※宝塚歌劇の貸切公演についての情報は、宝塚歌劇の貸切公演とは?貸切公演一覧は?という記事にお進みください。

 

カード会社先行販売

宝塚歌劇の最速先行は、なぜか、宝塚友の会ではなく、各種カード会社さんのチケットサービスによる先行申し込みであることが多いです。

 

まず最初にカード会社さんの貸切公演が発表されて、その後にカード会社さんのチケットサービス内で通常公演の申し込みが行われます。

 

公演内容やチケットサービスによって、抽選申し込みのことも、先着申し込みのこともあります。(※その辺りはこのページに詳しく書いています。)

 

大きなメリットは2点。

 

申し込み時期が早いことと、年会費無料の対象カードを作るだけで宝塚歌劇のチケット申し込み方法が1つ増えることですね。

 

年会費無料で会員限定のチケット申し込みに参加できるということは、ある意味、無料でファンクラブに入るようなものですので、おすすめです。

 

各カード会社さんのチケットサービスで使える年会費無料カードについては、カード会社先行で使える年会費無料カード まとめという記事を読んでみてください。

 

デメリットは、カード会社さんのチケットサービスで扱っている通常公演のチケットには、SS席が含まれていないということです。

 

ただし、カード会社さんの貸切公演は、当然、カード会員さんの中から当選者が出ますので、SS席どころか、かなりの良席チケットが当たる可能性も0ではありません。

 

ですので、SS狙いということであれば、貸切公演の情報もチェックしましょう。

 

通常公演・貸切公演ともに、カード会社さんのチケットサービスでの最新のチケット情報については、宝塚歌劇 カード会社先行 チケット情報 一覧をチェックしてみてください。

 

カード会社先行については、下のリンク内の記事にも書いています。

宝塚歌劇のカード会社先行について おすすめのクレジットカードはどれ?

 

ベネフィット・ステーション先行販売

ベネフィット・ステーションとは、企業の福利厚生業務を提供する会員制のサービスのことですが、個人の方が登録をしてチケット申し込みを行うことも可能です。

 

宝塚の場合、抽選販売があって、当落発表後に先着申し込みが行われるケースが多いです。

 

個人の方が登録をする方法ですが、最もスタンダードなやり方は、公式サイト内でベネフィット・ステーション・プライベートはに登録をする方法です。

 

しかし、ベネフィット・ステーション・プライベートは、無料期間がなく、最初から月額300円(税抜)がかかります。

 

ですので、無料期間のある会員制サイトに登録をして、そのサイト経由でベネフィット・ステーションで取り扱っているチケットの申し込みをする方法がおすすめです。

 

宝塚ファンの方にお勧めの登録サイトはトク買(※税抜300円/月)。

 

なぜ、宝塚ファンの方にお勧めなのか?については、トク買で宝塚歌劇のチケットを取りたい方へという記事を読んでみてください。

 

プレイガイド先行販売

大劇場公演の場合、プレイガイドでの販売が一般発売だけでなく先行販売も多いです。

 

チケットぴあ、ローソンチケット、e+、CNプレイガイドですね。

 

抽選販売が多いですが、公演やチケットサービスによって異なりますので、プレイガイド内の情報を間違わずに確認しましょう。

 

また、プレイガイド一般発売は公演の発表のタイミングで発売日が分かりますが、プレイガイド先行販売は突然発表されますので、常にチェックをしておかないといけません。

 

宝塚歌劇団の公式サイトではなく、各プレイガイドの公式サイトをチェックしましょう。

 

宝塚友の会先行販売

 

当選確率は低いかもしれませんが、公式ファンクラブでの先行販売についても書いておきます。

 

宝塚歌劇団には、宝塚友の会という公式ファンクラブがあります。

 

宝塚友の会に入会すると、一般発売より先(公演1ヶ月半から2ヶ月ほど前)に行われる宝塚友の会先行販売に参加することが可能です。

 

チケット申し込みは、宝塚歌劇Webチケットサービスという24時間対応のサイトで行うことが出来ます。(※会員種別によっては電話での申し込みも可能)

 

劇場公演(宝塚大劇場と東京宝塚劇場)の場合は、下記のとおり、合計3回の申し込みチャンスがあります。

 

第1抽選方式

・新人公演、千秋楽、サヨナラショー実施公演のSS席、S席、A席、B席

・初日のSS席

・通常公演(貸切公演以外)の公演日のSS席

 

※1公演につき2枚×最大4公演の申し込み枚数制限があります。

 

※トップスター退団公演に限り、1公演につき1枚×最大4公演となります。

 

※第1抽選方式の新人公演とは、宝塚大劇場・東京宝塚劇場で上演されている本公演と同じ演目(ショーがある場合はショーは除く)を、歌劇団に入団して7年目までの若手のみで行う公演のことで,宝塚大劇場・東京宝塚劇場でそれぞれ1回ずつ上演されます。

 

※サヨナラショーとは、トップスター、トップ娘役、また別格で活躍した男役スター退団公演の千秋楽に行われるミニショーです。トップスターが退団する場合、サヨナラショーは千秋楽前日と、千秋楽の2回行われます。

 

第2抽選方式

・初日、通常公演のS席・A席・B席

・第一抽選で、予定枚数に達しなかった席種

 

※1公演につき同一席種3枚まで×複数公演で合計が12枚までの申し込み枚数制限があります。

 

先着方式

・先着順方式用に確保されている販売座席枠(端の席や後方席が多い)

・第二抽選で、予定枚数に達しなかった席種

 

当選した場合は?落選した場合は?

第1抽選の結果照会後、第2抽選が行われるのですが、第1抽選に当選していても、第2抽選や先着の申し込みに参加することは可能です。

 

もちろん、落選した場合も同様です。

 

先着方式の座席は、前もって確保されていますが、第1抽選・第2抽選で良席を確保していますので、先着方式では、端の席や後方席になると考えておいた方が良いでしょう。

 

プレゼント・懸賞キャンペーン

無料招待ですので、「先行販売」ではないですが、宝塚チケットの定番の抽選申し込み方法ですので、プレゼントや懸賞についても紹介しておきます。

 

プレゼントや懸賞に応募するためには、何か商品を買わなければいけいケースも多いですが、ちょうど欲しかったものや日用品や食品であればラッキーですよね。

 

こういったキャンペーンは貸切公演のイメージがあるかもしれませんが、通常公演のプレゼントキャンペーンを行っているケースも少なくはありません。

 

現在、発表されているおすすめのプレゼントキャンペーン・懸賞について、下のリンク内にまとめていますので、チェックしてみてください。

【随時更新】2020年 宝塚歌劇のチケットプレゼントキャンペーンや懸賞について調べてみた

 

まとめ:大劇場公演の先行販売

宝塚歌劇の大劇場公演のチケットは想像以上に高倍率ですので、ファンクラブに入ったからと言って簡単にチケットが取れるものではありません。

 

ですので、当選確率を上げるために、申し込み方法を増やさなければいけません。

 

最も簡単な申し込み窓口の増やし方は、カード会社先行で使えるカードを作ることです。

 

各カード会社さんのチケットサービスで使える年会費無料カードについては、カード会社先行で使える年会費無料カード まとめという記事を読んでみてください。

 

補足:別箱公演(外箱公演)の場合

別箱公演(外箱公演)については、下のリンク内の記事を読んでみてください。

宝塚歌劇 別箱公演(外箱公演)のチケットの取り方・対策を紹介します。

 

補足:バウホール公演の場合

バウホール公演のチケット申し込みについては、下のリンク内の記事を読んでみてください。

チケットの取り方は?宝塚歌劇団 バウ公演(バウホール公演)高倍率必至の前売り券 購入方法 まとめ

 

宝塚歌劇 最速先行情報を探す

宝塚歌劇の最速先行と言えば、カード会社先行です。

 

発表済みのカード会社先行情報については、宝塚歌劇 カード会社先行 チケット情報 一覧をチェックしてみてください。

 

以上、『宝塚歌劇のチケット先行販売・先行抽選は?おすすめのチケットの取り方を紹介します。』という記事でした。

タイトルとURLをコピーしました