宝塚歌劇のチケットが取れない理由とは?

宝塚大劇場・東京宝塚劇場といった大劇場での公演だけでなく、バウホール公演や地方公演も含め「宝塚歌劇団のチケットが取れなくなった!」という悲しい叫びが年々増えているように感じます。

では、なぜ宝塚歌劇のチケットは高倍率で入手困難なのでしょうか。

チケットが取りにくい原因とその対策についてまとめておきます。

原因:私設ファンクラブの影響

宝塚歌劇には、公式ファンクラブである「宝塚友の会」とは別に、生徒それぞれに「会」と呼ばれる私設ファンクラブがあります。(全員ではありません。)

その「会」経由でもチケットを購入することが出来ます。

それぞれの「会」がどれくらいの数のチケットを確保しているのかは分かりませんが、様々な方法でたくさんのチケットが確保されている可能性は高いです。

「会」の存在を知ると、チケット申し込みのためだけに私設ファンクラブに入会したいと考える方は多いでしょう。

しかし、チケット申し込みのためだけにということであれば、おすすめは出来ません。

なぜなら、お金がたくさんかかってしまう可能性があるからです。

「会」でチケットを取り次いでもらった場合、手数料を支払う必要があります。

「お花代」とも呼ばれていますね。

一口いくらと明記されていることもありますし、上乗せしたい場合は断られることはないという世界です。

また、良席を取り次いでもらえる優先度は、会員としていかに「会」、または、生徒に貢献しているかで判断されます。

「会」の運営維持のためにも、お金がたくさんかかること自体、悪いことだと思いませんが、チケット申し込みのためだけにということであれば、別の方法で対策をする方が良いです。

例えば、、カード会社先行の対象カードをいくつか作るという方法であれば、金銭的にも安いですし、面倒なことも少ないです。

ちなみに、カード会社先行の対象カードの中には年会費無料カードもあります。

年会費無料でカードを作れるということは、ある意味、無料でファンクラブに入れるようなものですので、大変お得です。

当選確率UP?宝塚歌劇 カード会社先行(カード会社貸切)のチケット申し込みで利用出来るおススメのクレジットカードについて

原因:たくさんチケットを取る人が多い

大劇場公演の場合、席数も公演日数も多いので、いくらたくさんのファンがいたとしてもチケットは簡単に取れるのでは?と初心者の方ですと思われるでしょう。

しかし、実際はチケットがなかなか取れない。

なぜなら、あの手この手を使ってたくさんチケット申し込みをする方が多いからです。

例えば、1人の方がご自身がファンクラブ会員になるだけでなく、家族の名前でもファンクラブに入会するという方もいらしゃるでしょう。

プレイガイドの抽選申し込みも同様ですね。

2人分、3人分の名前で登録をして、当選倍率を2倍、3倍にする。

もし、全部当選したらどうするの?と思われるかもしれませんが、1つの演目に対して、複数回、観劇されるファンの方は少なくありません。

当選した分、全部行くだけです。(中には余ったチケットを後述の二次流通サービスに出品するという方もいるかもしれません。)

また、宝塚歌劇のチケット申し込み方法は特に大劇場公演の場合、申し込み窓口がたくさんありますので、熱心なファンの方は色んな窓口でチケット申し込みができるようにしています。

前述の私設ファンクラブに入っていなくても、まずはカード会社先行で申し込みをして、その後、宝塚友の会の先行申し込み、そして、貸切公演の申し込みもして、その次はプレイガイドで・・・という感じです。

窓口がたくさんあるということは、チケットが分散されていますので、宝塚友の会先行販売だけでは簡単にチケットが取れないということですね。

データがあるわけではありませんが、おそらくカード会社先行の対象カードも複数サイト分持っているという熱心なファンの方も多いのでは?

原因:原作が有名な演目が多い

ミュージカル

宝塚歌劇で上演される人気作品には、ブロードウェイや、ロンドン、パリなどで人気を博した海外ミュージカルの日本版が多数あります。

そういった有名海外ミュージカルは、東宝主催・制作などでも上演されて、名前を見かける機会も多く、評価や情報が多い演目は、宝塚初心者も集まりやすいです。

つまり、宝塚ファン以外のミュジーカルファンの方も演目のファンとして観劇を希望し、チケットを取るということです。

宝塚ファン+演目のファン=観劇希望者が多数

そして、その1回の観劇で宝塚歌劇の魅力にはまり、ファンがどんどん増えていくという現象もあり、年々チケットは取りにくくなっています。

ちなみに、あまり知られていませんが、それらの海外ミュージカルの日本初演は東宝などではなく、宝塚歌劇団であることが多いです。

ですので、厳密に書くと、宝塚歌劇が日本初演で成功を収め(集客が見込める、お金になると判断され)それが東宝版になり、また違う観客層にも知られ有名になり、それがきっかけで宝塚歌劇への観劇者も増えるということですね。

宝塚版と東宝版で相乗効果を生むという感じですね。

宝塚版と東宝版、相乗効果で人気作となった作品例を挙げてみると・・・

・エリザベート

・スカーレットピンパーネル

・ロミオとジュリエット

・ファントム

・ME AND MY GIRL

・WEST SIDE STORY

・1789

上記はすべて当方公演でも人気でしたが、それ以上に宝塚歌劇では簡単にはチケットが取れない大人気公演となりました。

例えば『エリザベート』などは、宝塚OGが東宝版の主役になることも多く、宝塚ファンも東宝版を見に行くことに繋がりますので、そういった意味での相乗効果もあります。

ちなみに、2018年、宝塚歌劇団では海外ミュージカルを4作品上演しました。

演目は『エリザベート』『ファントム』『WEST SIDE STORY』『雨に唄えば』と大作揃いで、どの公演もいつにも増してチケットが取れないと嘆く声が多い公演でした。

漫画

有名漫画を原作とした作品のチケットも入手困難です。

漫画原作の舞台化といえば、近年は2.5次元舞台も大人気ですよね。

宝塚歌劇で漫画原作作品を初めて舞台化したのは1956年のこと。

タカラヅカの代名詞とも言える『ベルサイユのばら』を始め、『はいからさんが通る』や『ポーの一族』と言った少女漫画の名作、さらに『るろうに剣心』や、『花より男子』(※2019年上演予定)といった、若い世代にも人気の作品を舞台化し、大評判となっています。

原因:チケット転売の影響

二次流通サービスの影響は決して少なくはありません。

二次流通サービスというのは、チケットストリート、チケット流通センター、viagogoなどが有名ですね。(少し前はチケットキャンプも)

どうしても行けなくなった人がどうしても行きたい人に公演のチケットを譲るという意味では良いサービスなのですが、問題がたくさんあります。

まずは、高額出品が多い。

そして、転売業者(転売ヤー)と呼ばれる、違法業者の存在。

二次流通サービス側は転売業者を排除しようと対策をしているようですが、さすがに100%の対策は無理なのか、高額出品がまだまだ多いです。

また、転売業者からすると、電子チケットを導入していない、本人確認システムを本格導入していない宝塚歌劇の公演は狙い目と言えるでしょう。

そういった転売業者が多ければ多いほど、当然、倍率は高まります。

対策:チケットを取りたい方へ

宝塚歌劇のチケットは高倍率になっています。

その高倍率チケットを取るための対策は、申込窓口を増やすということだけです。

ファンクラブ先行や一般発売以外にも、宝塚歌劇の場合はたくさんの申し込み方法がありますので、まずは、たくさんのチケット申し込み方法をチェックしましょう。

私設ファンクラブのところでも書きましたが、特におすすめはカード会社先行。

チケットが取れない方は、カード会社先行でのチケット申し込みを利用するべきです。

なぜ、カード会社先行なのか?

それは、発売日(抽選申し込みの場合申込期間)が宝塚友の会の先行販売や、その他の先行販売よりも先に行われるからです。

例外もありますが、カード会社先行でチケットが取れた、取れなかったという結果が分かってから宝塚友の会の先行販売に申し込みことが可能。

つまり、重複はしないのです。

あと、カード会社先行の対象カードの中には年会費無料カードもあるという点もおすすめ理由の1つです。

年会費無料カードですと、残念ながら落選したとしても損をすることはありませんので、カード申し込みがしやすいですね。

「チケットが取れない」と嘆く前に、まずは、カード会社先行の対象カードをいくつか作っておくことをおすすめします。

同時期に大量に作ることは審査に影響があるかもしれませんのであまりおすすめしませんが、たくさんカードを所持することは問題ないですし、同時に作るとしても2枚くらいですとおそらく問題ないでしょう。

どのカード会社先行が良いか、どの対象カードが良いかについては下のリンク内の記事を読んでみてください。

当選確率UP?宝塚歌劇 カード会社先行(カード会社貸切)のチケット申し込みで利用出来るおススメのクレジットカードについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク