当選確率UP?宝塚歌劇 カード会社先行(カード会社貸切・通常公演)のチケット申し込みで利用出来るおススメのクレジットカードについて

宝塚歌劇団のチケットは、ファンクラブ先行や一般発売だけでなく、クレジットカード会社先行(カード会社貸切を含む)でも、購入することが可能です。

カード会社さんの貸切公演は決して低倍率ではありませんが、対象カード会員の中から当選者が決まりますので、対象カードを持っていることによりSS席や良席のチャンスがあります。

また、公演日や主催者によっては舞台挨拶や抽選会もありますので、毎回、カード会社さんの貸切公演のチケット申し込みをされるファンの方は多いです。

また、最近の宝塚歌劇は高倍率ですので、通常公演のために、カード会社先行の対象カードをいくつか作って、申込窓口を1つでも増やしておくのは良いことです。

もちろん、年会費無料カードでもOK!

この記事では、各種カード会社先行それぞれのチケットサービスの特徴と、クレジットカード会社先行で利用出来おすすめの対象カードについて書いておきます。

(※発表済みのカード会社先行情報はこちらのページより探してみてください。)

Vpassチケット

貸切公演

Vpassチケットでは、通常公演だけでなく、貸切公演のチケット申し込みも行われます。

Vpassチケットが行っている貸切公演のチケット申し込みは、1種類だけではなく、下記のような公演があります。

・三井住友カード貸切公演

・その他 地方銀行主催の貸切公演

・VJAグループ貸切公演

・宝塚友の会との共同貸切公演

どういった貸切公演になるかは演目によって異なりますし、1つの公演1つの会場で2度貸切公演を行うこともあります。

インターネットまたは電話での申し込みが可能。

インターネットでの申し込みの場合、SS席・S席・A席・B席・B席最後列を、第一希望~第五希望まで選択出来ますが、電話申し込みの場合は希望の席種を選べません。

また、電話での抽選申し込みの場合は、当落結果も「発送をもって・・・」というパターンですので、分かりにくいです。(※インターネットでの抽選申し込みの場合は、Vpassチケット内に履歴が残ります。)

そのため、Vpassチケットで各種貸切公演のチケットを取るのであれば、電話申し込みではなく、インターネットでの申し込みをされることをおすすめします。

他のカード会社さんの貸切公演と違って、Vpassチケット内の申し込みは、ゴールドカードやプラチナカードなど、ランクの高いカード会員に対する特典はありません。

ですので、今から対象カードを作るということであれば、年会費無料で作れるVpassチケットの対象カードにしておきましょう。

通常公演

Vpassチケットで申し込みが行われる宝塚歌劇の通常公演は電話(初日特別電話番号)での先着申込みが多いです。

注意すべき点としては、貸切公演と違い、申し込みの発表から先着申込みの発売日までの期間が短いことです。

つまり、発表されてからVpassチケットの対象カードの申し込みをしても間に合わない可能性があります。

即日完売することが多いですが、発売日時にしっかり準備をしておけば、決してチケットが取りにくいというわけではありません。

ですので、現時点で行きたい公演があって、まだVpassチケット内での申し込みが発表されていないということであれば、この機会にカード申し込みをしておきましょう。

Vpassチケット対象カードについては、下の記事を読んでみてください。

Vpassチケットの対象カードは?三井住友VISAカード枠で使える&使えないカードを紹介します。

※補足 プラチナカード優待はあるの?

Vpassチケットの申し込み分とは別枠ですが、三井住友プラチナカードの会員さんであれば、SS席またはS席を優先的に手に入れられるサービスがあります。

ただし、三井住友プラチナカードの年会費は、税抜50,000円かかります。

チケット申し込み&普段使いのためということであれば、さすがに高すぎるかなと思いますので、ちょうどプラチナカードを検討していたという方以外にはおすすめ出来ません。

また、Vpassチケット内で取り扱っているチケットに関しては、カードランクは全く関係ありませんので、年会費無料で作れるVpassチケットの対象カードでOKです。

※現在、三井住友カード デビュープラスや、三井住友カードなどは、「今、入会で年会費ずっと無料」というキャンペーン実施中です。詳しくは、こちらのリンク内の記事を読んでみてください。

※お急ぎの方は↓↓

【最短翌営業日発行】三井住友VISAカードを少しでも早く届けてもらう方法とは?

チケットセディナ

貸切公演

チケットセディナでは、宝塚大劇場や東京宝塚劇場で上演される大劇場公演の場合、通常公演だけでなく、セディナ貸切公演のチケット申し込みが行われます。

また、別箱公演でも、セディナのみ貸切公演が行われることもあります。

セディナ貸切公演のチケット申し込みは、プラチナ・ゴールドカード会員優待を積極的に行っています。

例えば、「ゴールドカード会員さんは一般カード会員さんより1回多くSS席の申し込みが出来る」「プラチナカード会員さんは一般カード会員さんより2回多くSS席の申し込みが出来る」というものです。(※2019年9月よりこのようになりました!)

ですので、宝塚歌劇のファンの方ですと、セディナ社発行のゴールドカードランク以上のクレジットカードを作る価値はあると思います。

ただ、年会費無料のセディナカードでもSS席を含む貸切公演の申し込みは可能です。

チケット申し込みのために・・・ということであれば、年会費無料で良いかなと思います。

今から年会費無料のセディナカードを作るのであれば、チケットJCBでも利用できるようにJCBマーク付きのセディナカードがおすすめです。

通常公演

通常公演の申し込みはプラチナ・ゴールドカード会員優待がありませんので、年会費無料カードで全く問題ないです。

貸切公演のところでも書きましたが、チケットJCBでも利用できるようにJCBマーク付きのセディナカードがおすすめです。

チケットセディナでも、チケットJCBでも利用できるというのは、下記①~④すべての申し込み対象になるということです。

①通常公演(チケットセディナ)

②通常公演(チケットJCB)

③セディナ貸切公演

④JCB貸切公演

ある意味、当選確率を上げるためのカードと言えますね。

年会費無料で比較的ポイントサービスが充実しているJCBマーク付きのセディナカードを紹介していますので、詳しくは下のリンク内の記事を読んでみてください。

JCBマーク付きのセディナカードで年会費無料&ポイントサービスが充実しているカードは?

セゾン・UCカード会員限定チケット

貸切公演

セゾン・UCカード会員限定チケットというチケットサービスでは、宝塚歌劇団の場合、通常公演だけでなく、セゾン・UCカード貸切公演やe+貸切公演のチケット申し込みが行われることもあります。(※セゾン・UCカード貸切公演は比較的少ないです。)

どのチケット申し込みも原則、抽選申し込みです。

セゾン・UCカード貸切公演は対象カード会員限定のチケット申し込み。

ですので、セゾン・UCカード会員限定チケットの対象カード会員さんの中からSS席の当選者が選ばれます。

e+貸切公演のチケット申し込みは、セゾン・UCカード会員限定チケットでの申し込みに関してはSS席が含まれていません。

しかし、それでも、e+貸切公演のチケットを手に入れるチャンスが1回増えるわけですし、S席の良席チケットは手に入るかもしれません。

今後の宝塚歌劇団のチケット申し込みで、セゾン・UCカード会員限定チケットだけでなく、チケットJCBの決済用カードとしても利用できるよう、JCBマーク付きのセゾンカードを作っておくことをおすすめします。

セゾン・UCカード会員限定チケットの対象カードについては、下のリンク内の記事を読んでみてください。

対象カードは?『セゾン・UCカード会員限定チケット』で使えるクレジットカード一覧

通常公演

通常公演の場合、SS席の取り扱いがありません。

他のカード会社さんのチケットサービスと違って、通常公演も抽選申し込みです。

貸切公演のところでも書きましたが、今から対象カードを作るのであれば、チケットJCBでも利用できるようにJCBマーク付きのセゾンカードがおすすめです。

さらに、セゾン・UCカード会員さんは、トク買(税抜300円/月 ※初月度無料)に登録が出来るというのも良いですね。

なぜなら、トク買に登録をすると、ベネフィット・ステーションという福利厚生サービス内で取り扱っているチケットの申し込みが出来るからです。

つまり、JCBマーク付きのセゾンカードを作っておくと、下記3つのもチケットサービスで取り扱っているチケットの申し込みが出来るということです。

セゾン・UCカード会員限定チケットでも、チケットJCBでも利用できるというのは、下記①~⑥すべての申し込み対象になるということです。

①通常公演(セゾン・UC)

②通常公演(チケットJCB)

③e+貸切公演(セゾン・UC)

④セゾン・UCカード貸切公演

⑤JCB貸切公演

⑥トク買

持っていて損はないどころか、JCBマーク付きのセゾンカードは当選確率を上げるカードとして、宝塚ファンには大変ありがたい1枚ということですね。

年会費無料&おすすめのJCBマーク付きのセゾンカードを紹介していますので、未会員の方は下のリンク内の記事を読んでみてください。

年会費無料&おすすめのJCBマーク付きのセゾンカードは?

宝塚歌劇×トク買については、下のリンク内の記事にも書いています。

トク買で宝塚歌劇のチケットを取りたい方へ

※補足 プラチナ・ゴールドカードにするべき?

ちなみに、セゾン・UCカード会員限定チケットは、公演によって、「ゴールド・プラチナカード会員優待」があります。

しかし、かなり少ないです。

宝塚歌劇の場合は、基本的にはないと考えてOK。

ですので、セゾン・UCカード会員限定チケットのために対象カードを作るのであれば、年会費無料のカードで全く問題ありません。

上でも書いた通り、セゾンカードインターナショナルなど、年会費無料のJCBマーク付きのセゾンカードを作って、チケットJCBやトク買(ベネフィット・ステーション)でも使えるようにしておくという方法が最もおすすめです。

セゾン・UCカード会員限定チケットの対象カードについては、下のリンク内の記事にも書いています。

対象カードは?『セゾン・UCカード会員限定チケット』で使えるクレジットカード一覧

チケットJCB

貸切公演

宝塚大劇場や東京宝塚劇場で上演される大劇場公演の場合、チケットJCBでは、通常公演のチケット申し込みだけでなく、JCB貸切公演のチケット申し込みが行われることが多いです。

チケットセディナのセディナ貸切公演同様、JCB貸切公演の申し込みは、ランクの高いカード会員さん限定の申し込み(=JCBプレミアムカード会員限定のチケット申し込み)が行われます。

具体的には、JCBプレミアムカードの方は、SS席のチケット申し込みを1足早く申し込みできる(=1回以上多く申し込みできる)という特典が多いです。

つまり、貸切公演SS席の当選確率が少し上がるということですね。

また、一足先にSS席のチケット申し込みができるということですので、他のJCB会員さんと比べると、良席が期待できると言っても良いでしょう。

ちなみに、上でも書いた通り、JCBプレミアムカードとは、JCB発行のゴールドカードなど、ランクの高いカードのことです。

つまり、JCBマークが付いていても、楽天ゴールドカードやセディナゴールドカードなどはJCBプレミアムカードではありませんので、ご注意ください。

もちろん、年会費無料カードだからと言って、JCB貸切公演に申し込めない・SS席の申し込みが出来ないということはありません。

SS席の申し込み回数が1回少なくなるなど、JCBプレミアムカードより劣る部分はあるかもしれませんが、年会費無料カードでもOKです。

今から年会費無料の対象カードを作るのであれば、チケットセディナでも利用できるようにJCBマーク付きのセディナカードに申し込むことをおすすめします。

あるいは、セゾン・UCカード会員限定チケットでも利用できるようにJCBマーク付きのセゾンカードに申し込むと良いでしょう。

特にJCBマーク付きのセゾンカードは、チケットJCB、セゾン・UCカード会員限定チケットだけでなく、トク買(ベネフィット・ステーション)で取り扱っているチケットの申し込みも出来るので、宝塚歌劇のファンの方にはかなりおすすめです。

通常公演

チケットJCBで申し込みが行われる通常公演は、インターネットでの先着申込みが多いです。

JCBプレミアムカード特典はありませんので、年会費無料カードでOK!

貸切公演のところでも書きましたが、他のカード会社さんのチケットサービスでも利用できるよう、JCBマーク付きのセディナカードまたは、JCBマーク付きのセゾンカードがおすすめです。

注意すべき点としては、貸切公演と違い、申し込みの発表から先着申込みの発売日までの期間が短いことです。

つまり、発表されてからカード申し込みをしても、即日発行可能なチケットJCB対象カードでない限り間に合わない可能性があります。

チケットJCBの対象カードについては、下のリンク内の記事をチェックしてみてください。

おすすめのチケットJCB対象カード(クレジットカード デビットカード) まとめ

チケット・アクセス

貸切公演

チケット・アクセスとは、アメリカン・エキスプレス(通称:アメックス)発行のクレジットカード会員さんのためのチケットサービスです。

カード会員さんしか情報を見ることが出来ないようになっていますが、チケット・アクセスでは、e+貸切公演のチケットを取り扱っていることがあります。

しかも、SS席。

ただ、年会費が若干高いので、チケット申し込みのためだけにチケット・アクセスの対象カードの申し込みをするのはあまりおすすめ出来ません。

S席以下になりますが、セゾン・UCカード会員限定チケットでもe+貸切公演のチケットを取り扱っていますので、チケット&普段使いのために・・・ということであれば、セゾン・UCカード会員限定チケットで使える年会費無料カードを作る方が良いかなと思います。

もちろん、他の理由でアメリカン・エキスプレス発行のクレジットカードの申し込みを検討していた方は、この機会にぜひどうぞ。

宝塚歌劇のe+貸切公演については下のリンク内の記事を読んでみてください。

宝塚歌劇の『e+貸切公演』(イープラス)のSS席の申し込み方法や高倍率チケットの当選確率を上げる方法は?

通常公演

公演によってはチケット・アクセス限定の申し込みが行われることがあります。

ただし、カード会員さんしか情報を見ることが出来ないようになっています。

私はカード会員ですので、ログイン後の情報を常に確認していますが、正直なところ、高い年会費を払ってまで申し込むべき公演はないと思います。

もちろん、他に申し込み理由があって、その理由+チケット申し込みのために・・・ということであれば、全く問題ないです。

スタンダードなアメックスカードを比較検討したいという方は、下のリンク内の記事を読んでみてください。

アメックスカードはグリーン・ゴールドどちらが良い?メリット・デメリット・選び方を解説します。

トク買

通常公演

セゾン・UCカード会員限定チケットのところでも書きましたが、トク買(税抜300円/月 ※初月無料)というのは、セゾンカード、UCカード会員さんのための優待サービス。

そのトク買の会員になると、トク買サイト内で、福利厚生サービスのベネフィット・ステーションで取り扱っている宝塚歌劇などのチケット申し込みが可能です。

つまり、セゾン・UCカード会員限定チケットの対象カードを作っておけば、セゾン・UCカード会員限定チケットと、トク買の2つのチケットサービスが利用できるようになります。

さらに、JCBマーク付きのセゾンカードであれば、セゾン・UCカード会員限定チケットと、トク買、チケットJCBという3つの会員制チケットサービスが利用できるようになります。

もちろん、年会費無料カードの対象カードでOK。

貸切公演やSS席の取り扱いはありませんが、年会費無料のクレジットカードを1枚作るだけで、3つの会員制チケットサービスが利用できるようになるのは、宝塚歌劇のファンにとってはありがたいですね。

トク買の対象カード=セゾン・UCカード会員限定チケットの対象カードについては、下のリンク内の記事を読んでみてください。

対象カードは?『セゾン・UCカード会員限定チケット』で使えるクレジットカード一覧

宝塚歌劇×トク買については、下のリンク内の記事にも書いています。

トク買で宝塚歌劇のチケットを取りたい方へ

三菱UFJニコスチケットサービス

通常公演

三菱UFJニコスチケットサービスでも宝塚歌劇のチケットの取り扱いがあります。

ただし、貸切公演はありません。

また、SS席の販売も原則ありません。

ですので、宝塚ファンの方の中にはあまり必要のないカードと考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、最近はチケット申し込みの倍率が高くなってきて、宝塚友の会の会員さんであってもなかなかチケットが取れないという現実があります。

そういったチケットが取れなかった時のために、あるいは急きょ公演に行きたくなった時や、もう1公演部チケットを取りたいときのために、三菱UFJニコスチケットサービスの対象カードを作っておくという作戦は良いと思います。

貸切公演がないというのも、逆に狙い目かもしれませんよね。

しかも、チケット申し込みのためにゴールドカードにする必要もありませんので、年会費無料カードでOKです。

年会費無料の三菱UFJニコスチケットサービス対象カードは、ニコスマークの付いたVIASOカードというクレジットカードですね。

三菱UFJニコスチケットサービスに限った話ではありませんが、通常公演の場合、発表されてすぐに先着申込みということも少なくはありません。

つまり、発表後にカード申し込みをしても間に合わないこともあるということです。

ですので、今後のためにカード申し込みを・・・と考えている方は、なるべく早めに、あらかじめカード申し込みをしておきましょう。

上で紹介した年会費無料のニコスマークの付いたVIASOカードは、最短・翌営業日発行ですので、比較的早くカードが届くと言われています。

あくまで「最短」でのお話ですが、月曜日の朝9時までにインターネット上で申し込みが完了すれば、木曜日に届くことも。

VIASOカードは、スタンダードなデザインのカード以外に、いくつかのデザインのカードがありますので、詳しくは下の一覧記事を読んでみてください。

VIASOカード デザイン一覧

三菱UFJニコスチケットサービスの対象カード&対象外のカードについては、下のリンク内の記事にも書いています。

対象カードは?三菱UFJニコスチケットサービスで利用可能なクレジットカード 対象外のカードについても解説します。

エポトクプラザ

通常公演

エポトクプラザはデパートのマルイ系列のクレジットカードであるエポスカード会員さんのために優待サービスになります。

エポトクプラザでも宝塚歌劇のチケットの取り扱いがあります。

ただし、貸切公演はありません。

また、SS席の販売も原則ありません。

ですので、宝塚ファンの方の中にはあまり必要のないカードと考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、最近はチケット申し込みの倍率が高くなってきて、宝塚友の会の会員さんであってもなかなかチケットが取れないという現実があります。

そういったチケットが取れなかった時のために、あるいは急きょ公演に行きたくなった時や、もう1公演分チケットを取りたいときのために、エポスカードを作っておくという作戦は良いと思います。

貸切公演がないというのも、逆に狙い目かもしれませんよね。

ゴールド・プラチナカード特典の可能性は0ではありませんが、宝塚歌劇の場合は、原則ないと考えて良いでしょう。

ですので、エポスカードを作るのであれば、年会費永年無料の一般カードを選んで問題ないかと思います。

エポトクプラザに限った話ではありませんが、通常公演の場合、発表されてすぐに先着申込みということも少なくはありません。

つまり、発表後にカード申し込みをしても間に合わないこともあるということです。

ですので、今後のためにカード申し込みを・・・と考えている方は、なるべく早めに、あらかじめカード申し込みをしておくことをおすすめします。

ちなみに、エポスカードは最短即日発行・当日店舗受け取りが可能ですので、お急ぎの方は店舗受け取りのサービスを利用するのも良いですね。

エポスカードについては下のリンク内の記事にも書いていますので、チェックしてみてください。

エポトクプラザでチケット申し込みをするためにエポスカードを作りたい方へ

ビューカードチケット優待

通常公演

ビューカードというのは、JR東日本系列のクレジットカード。

ですので、関東地方の宝塚歌劇のチケット申し込みに関しては、ビューカードチケット優待で申し込みが行われることが多いです。

ただし、貸切公演はありません。

また、SS席の販売も原則ありません。

ですので、宝塚ファンの方の中には、関東方面にお住いの方でも、あまり必要のないカードと考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、最近は東京宝塚劇場のチケット申し込みも倍率が高くなってきて、宝塚友の会の会員さんであってもなかなかチケットが取れないという現実があります。

そういったチケットが取れなかった時のために、あるいは急きょ公演に行きたくなった時や、もう1公演部チケットを取りたいときのために、ビューカードを1枚作っておくと良いでしょう。

スタンダードなビューカードが良いということであれば、「ビュー・スイカ」カードというクレジットカードですね。

ただ、少しでもお得なビューカードを選びたいということであれば、ビックカメラSuicaカードがおすすめです。

ビックカメラSuicaカードは、通常のJRE POINTだけでなく、お買い物ごとにビックポイントも溜まっていく仕組みになっていますので、ポイント面でもお得です。

ちなみに、「ビュー・スイカ」カードも、ビックカメラSuicaカードも、JCBマーク付きのカードがあります(=チケットJCBでも使えます)ので、宝塚ファンの方にお勧めです。

ビューカードチケット優待に限った話ではありませんが、通常公演の場合、発表されてすぐに先着申込みという可能性が高いです。

ビューカードチケット優待の場合は、他のカード会社先行以上にその傾向が強く、発表後にカード申し込みをしてもほぼ100%間に合わないと考えておいた方が良いでしょう。

ですので、今後のためにカード申し込みを・・・と考えている方は、なるべく早めに、あらかじめカード申し込みをしておくことをおすすめします。

おすすめのビューカードチケット優待の対象カードを選んで書いていますので、ご興味のある方は下のリンク内の記事を読んでみてください。

ビューカードチケット優待の対象カードでおすすめは?対象外のクレジットカードとは?

ダイナースクラブチケットサービス

通常公演

ダイナースクラブチケットサービスでは宝塚歌劇の通常公演の先着申し込みがよく行われています。

カード会社先行の先着申込みは即日完売するものばかりですが、ライバルが少ないからか競争率は毎回それほど高くないように感じます。

ただ、ダイナースクラブチケットサービスで申し込みが行われている宝塚歌劇のチケット申し込みのためにクレジットカードを作ることはあまりおすすめしません。

理由は年会費は1番安いものでも22,000円+消費税と、チケット申し込み&普段使いのためということであれば、さすがに少し高すぎるという点。

あと1つは、SS席や貸切公演のチケット申し込みが原則ありませんので、宝塚歌劇のファンの方にとってはそれほど魅力的ではないという点です。

チケット申し込み&普段使いのためということであれば、年会費無料カードを作って、チケット申し込みをする方が良いです。

例えば、三菱UFJニコスチケットサービスの対象カードであるVIASOカードは、年会費無料で作ることが可能です。

別箱公演のカード会社先行は?

宝塚大劇場や東京宝塚劇場以外で行われる公演でもカード会社先行でのチケット申し込みが行われることが多いです。

貸切公演

別箱公演の場合、カード会社さんの貸切公演があるかどうかについては、公演によって異なります。

まったくないケースも少なくはありません。

これまでの別箱公演を振り返ると、カード会社さんの貸切公演があるとすると、セディナ貸切公演であることが多っかったですね。

ですので、チケットセディナの対象カードを作っておくと、役立つ可能性はあります。

もちろん、年会費無料のチケットセディナ対象カードでOKです。

通常公演

通常公演に関しては複数のカード会社さんのチケットサービスで申し込みが行われるケースが多いです。

1つや2つではなく、ほとんどのカード会社さんのチケットサービスで申し込みが行われる可能性が高いですが、どのカード会社さんのチケットサービスで行われるかどうかは公演によって異なります。

多くの場合、発表後すぐに先着申込みが始まりますので、発表されてからカード申し込みをしているようでは間に合わない可能性が高いです。

別箱公演のもうしこみのことだけでなく、普段使いのこと、大劇場公演の申し込みのことなどを考えて、ご自身に合う1枚・2枚を選ぶと良いでしょう。

もう1度 宝塚のカード会社先行を確認

バウホール公演のカード会社先行は?

通常公演

バウホール公演のチケットを取り扱っているカード会社さんのチケットサービスも、チケットセディナとチケットJCBです。

ですので、バウホール公演のチケット当選確率を上げたい方には、JCBマーク付きのセディナカードはかなりおすすめ。

今までの傾向ですと、バウホール公演の場合、チケットセディナもチケットJCBも、先着申し込みで発表から発売まで日数があまりないというケースが多いかなと思います。

ですので、バウホール公演のためにもJCBマーク付きのセディナカードを作りたいという方は、チケット申し込みの発表より前にカード申し込みをしておきましょう。

年会費無料カードですと、仮に直近の公演で役立たなかったとしても損をすることはありませんので、ありがたいですね。

年会費無料で比較的ポイントサービスが充実しているJCBマーク付きのセディナカードを紹介していますので、詳しくは下のリンク内の記事を読んでみてください。

JCBマーク付きのセディナカードで年会費無料&ポイントサービスが充実しているカードは?

クレカを作りたくないor作れない方は?

上でも少し書きましたが、何らかの事情でクレジットカードが作れない方や、クレジットカードを作りたくない方は、デビットカードを作るという選択肢もあります。

他のカード会社先行はデビットカード不可ですが、チケットJCBに関してはデビットカードも決済用カードとして利用することが出来ます。

JCB貸切公演もありますが、通常公演の申し込みも充実していますので、「最近チケットが取りにくいな」と感じている方で、クレカを作れない or 作りたくない方は、原則審査の必要ないデビットカードに申し込みをしましょう。

私も実際に作って、チケットJCBで利用したことがある、定番のデビットカードを紹介していますので、ご興味のある方は下のリンク内の記事を読んでみてください。

チケットJCBで利用できる比較的早く届いたデビットカードとは?

発表されているカード会社先行は?

当ブログカード会社先行なびでは、現在、発表されている公演のカード会社先行情報を随時記事にして投稿しています。

現在の宝塚歌劇カード会社先行情報は下のリンク内を確認してみてください。

宝塚 最新のカード会社先行を探す

以上、宝塚歌劇団の貸切公演を含む、カード会社先行に関する情報でした。

もう1度 宝塚のカード会社先行を確認

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする