宝塚歌劇のカード会社先行について おすすめのクレジットカードはどれ?

宝塚歌劇団のチケットは、ファンクラブ先行や一般発売だけでなく、カード会社さんのチケットサービス=カード会社先行でも申し込みをすることが可能です。

 

そのカード会社先行で取り扱っている宝塚歌劇のチケットは大きく分けて2種類あります。

 

・カード会社貸切公演

・通常公演

 

貸切公演の場合、運が良ければ、SS席の良席チケットが手に入る可能性もあります。また、舞台挨拶や抽選会が行われることが多いのも特徴ですね。

 

通常公演の場合、SS席チケットの取り扱いはありませんが、最近の宝塚歌劇は高倍率ですので、カード会社先行の対象カードをいくつか作って申込み窓口を1つでも増やしておくのは良いことです。

 

しかも、カード会社先行は、貸切公演も通常公演も、宝塚友の会より先に申し込みが行われることが多いので、「最もはやい先行販売」と言えます。

 

この記事では、各カード会社さんのチケットサービスそれぞれの特徴と、おすすめの対象カードについて書いておきますので、当選確率UPの参考に読んでみてください。

 

※発表済みのカード会社先行情報はこちらのページより探してみてください。

 

Vpassチケット

三井住友カード貸切公演

Vpassチケットで申し込みが行われる貸切公演は下記の公演ですね。

 

・三井住友カード貸切公演

・その他 地方銀行主催の貸切公演

・VJAグループ貸切公演

・宝塚友の会との共同貸切公演

 

どの貸切公演が行われるかは公演によって異なりますが、三井住友カード貸切公演と宝塚友の会との共同貸切公演が多いです。

 

チケット申し込み方法は、WEBまたは電話での抽選申し込みですね。

 

抽選申し込みですので、申し込み締め切り日までにVpassチケットの対象カードを作ればOKです。(WEBと電話では締め切り日が異なります。)

 

Vpassチケット内の貸切公演の申し込みは、ゴールドカードやプラチナカードなど、ランクの高いカード会員に対する特典がありません。

 

SS席のために、ランクの高いカードを作らなくて良いのはありがたいですね。

 

Vpassチケットの対象カードはたくさんあります。

 

ただ、地方銀行のクレジットカードが大きく割合を占めています。

 

ですので、Vpassチケットの対象カードの中でスタンダードなカードが良いことであれば、日本で最も有名なクレジットカードの1つである三井住友カードにしておきましょう。

 

通常公演

Vpassチケットで申し込みが行われる宝塚歌劇の通常公演は電話での先着申込みが多いです。

 

通常公演の場合、貸切公演と違い、公演によっては、発表されてすぐに先着申込みというケースもありますので、なるべく早めにカード申し込みをしておきましょう。

 

あらかじめ対象カードを持っている人が有利ということですね。

 

貸切公演同様、Vpassチケット内の申し込みは、ゴールドカードやプラチナカードなど、ランクの高いカード会員に対する特典がありません。

 

ですので、年会費がお得なカードやスタンダードなカードでOKです。

 

Vpassチケットの対象カードはたくさんあります。

 

ただ、地方銀行のクレジットカードが大きく割合を占めています。

 

ですので、Vpassチケットの対象カードの中でスタンダードなカードが良いことであれば、日本で最も有名なクレジットカードの1つである三井住友カードにしておきましょう。

 

※Vpassチケットでの宝塚歌劇のチケット申し込みについては、Vpassチケット×宝塚歌劇で良い座席や当選確率UPを狙う方法はあるの?という記事でさらに詳しく書いています。

 

セゾン・UCカード会員限定チケット

セゾン・UCカード貸切公演

宝塚歌劇のセゾン・UCカード貸切公演が行われる場合、チケット申し込み方法はWEB限定の抽選申し込みですね。

 

ゴールドカード・プラチナカード優待はありませんので、年会費無料のカードでOKです。

 

おすすめは、JCBマーク付きのセゾンカード

 

なぜなら、JCBマークがついていれば、チケットJCBでも利用出来るからです。

 

また、セゾンカードを作ることで、トク買という、セゾンカード、UCカード会員さんのための優待サービス(有料)でのチケット申し込みも可能。

 

年会費無料のクレジットカードを1枚作るだけで、3つの会員制チケットサービスが利用できるようになるのは、宝塚歌劇のファンにとってはありがたいですね。

 

セゾン・UCカード会員限定チケットの対象カードの中で定番の年会費無料カードと言うと、最もスタンダードなセゾンカードインターナショナルですので、チェックしてみてください。

 

e+貸切公演

e+貸切公演のチケット申し込みは、プレイガイドのe+(イープラス)だけでなく、セゾン・UCカード会員限定チケットでも申し込みが行われます。(※抽選申し込みが多いです。)

 

ただし、SS席は含まれていません。

 

とはいえ、e+貸切公演のチケットを手に入れるチャンスが1回増えるわけですし、S席の良席チケットは手に入るかもしれませんので、ありがたいですね。

 

e+貸切公演のチケット申し込みも年会費無料のカードでOKです。

 

おすすめは、JCBマーク付きのセゾンカード

 

なぜなら、JCBマークがついていれば、チケットJCBでも利用出来るからです。

 

また、セゾンカードを作ることで、トク買という、セゾンカード、UCカード会員さんのための優待サービス(有料)でのチケット申し込みも可能。

 

年会費無料のクレジットカードを1枚作るだけで、3つの会員制チケットサービスが利用できるようになるのは、宝塚歌劇のファンにとってはありがたいですね。

 

セゾン・UCカード会員限定チケットの対象カードの中で定番の年会費無料カードと言うと、最もスタンダードなセゾンカードインターナショナルですので、チェックしてみてください。

 

通常公演

通常公演も、SS席の取り扱いがありません。

 

他のカード会社さんのチケットサービスと違って、通常公演も抽選申し込みであることが多いです。(※先着申し込みの場合もあります。)

 

通常公演も年会費無料のカードでOKです。

 

おすすめは、JCBマーク付きのセゾンカード

 

なぜなら、JCBマークがついていれば、チケットJCBでも利用出来るからです。

 

また、セゾンカードを作ることで、トク買という、セゾンカード、UCカード会員さんのための優待サービス(有料)でのチケット申し込みも可能。

 

年会費無料のクレジットカードを1枚作るだけで、3つの会員制チケットサービスが利用できるようになるのは、宝塚歌劇のファンにとってはありがたいですね。

 

セゾン・UCカード会員限定チケットの対象カードの中で定番の年会費無料カードと言うと、最もスタンダードなセゾンカードインターナショナルですので、チェックしてみてください。

 

※セゾン・UCカード会員限定チケットでの宝塚歌劇のチケット申し込みについては、セゾン・UCカード会員限定チケット×宝塚歌劇は良い座席や当選確率UPを狙う方法があるの?という記事でさらに詳しく書いています。

 

チケットセディナ

セディナ貸切公演

セディナ貸切公演のチケット申し込みは、プラチナ・ゴールドカード会員優待を積極的に行っていますので、ランクの高いカード会員さんは有利です。

 

プラチナ:申し込みチャンスが3回

ゴールド:申し込みチャンスが2回

一般:申し込みチャンスが1回

 

一般的なセディナカード会員さんに比べ、プラチナ・ゴールドカード会員さんの場合、申し込みチャンスが多いですし、一足先に申し込みができますので、有利ですね。

 

そのため、宝塚歌劇のファンの方ですと、ゴールドカードランク以上のセディナカードを作る価値はあると思います。

 

ただ、年会費無料のセディナカードでもSS席を含む貸切公演の申し込みは可能です。

 

普段使い&チケット申し込みのために・・・ということであれば、年会費無料の対象カードにしておくほうが良いのかなと思います。

 

今後の当選確率UPのために・・・ということであれば、チケットJCBでも利用できるように、年会費無料のJCBマーク付きのセディナカードを作っておくのも良いですね。

 

1枚のクレジットカードを作るだけで、2つの会員制チケットサービスが利用できるというのは、ある意味、当選確率UPの方法と言えるでしょう。

 

通常公演

チケットセディナでの通常公演の申し込みはプラチナ・ゴールドカード会員優待がありませんので、年会費無料カードで全く問題ないです。

 

通常公演の場合、貸切公演と違い、公演によっては、発表されてすぐに先着申込みというケースもありますので、なるべく早めにカード申し込みをしておきましょう。

 

チケットJCBの対象カードを1枚も持っていないということであれば、チケットJCBでも利用できるように、年会費無料のJCBマーク付きのセディナカードを作っておくことをおすすめします。

 

1枚のクレジットカードを作るだけで、2つの会員制チケットサービスが利用できるというのは、ある意味、当選確率UPの方法と言えるでしょう。

 

※チケットセディナでの宝塚歌劇のチケット申し込みについては、チケットセディナ×宝塚歌劇は良い座席や当選確率UPを狙う方法があるの?という記事でさらに詳しく書いています。

 

チケットJCB

JCB貸切公演

JCB貸切公演の申し込みは、JCBプレミアムカード特典があります。

 

具体的には、JCBプレミアムカードの方は、SS席のチケット申し込みを1足早く申し込みできる(=1回以上多く申し込みできる)という特典が多いです。

 

つまり、貸切公演SS席の当選確率が少し上がるということですね。

 

また、一足先にSS席のチケット申し込みができるということですので、他のJCB会員さんと比べると、良席が期待できると言っても良いでしょう。

 

ちなみに、JCBプレミアムカードとは、JCB発行のゴールドカードなど、ランクの高いカードのことです。

 

つまり、JCBマークが付いていても、楽天ゴールドカードやセディナゴールドカードなどはJCBプレミアムカードではありませんので、ご注意ください。

 

JCB貸切公演のためにJCBプレミアムカードを作っておきたいという方は、少しでもお得なように年会費初年度無料のカードを選びましょう。

 

詳しくは、すぐに作れる、年会費初年度無料のJCBプレミアムカードとは?という記事を読んでみてください。

 

もちろん、年会費無料カードだからと言って、JCB貸切公演に申し込めない!SS席の申し込みが出来ない!ということはありません。

 

SS席の申し込み回数が1回少なくなりますが、年会費無料カードでもOKです。

 

今から年会費無料の対象カードを作るのであれば、チケットセディナでも利用できるように、JCBマーク付きのセディナカードに申し込むことをおすすめします。

 

あるいは、セゾン・UCカード会員限定チケットでも利用できるように、JCBマーク付きのセゾンカードに申し込むのも良いですね。

 

通常公演

チケットJCBで申し込みが行われる通常公演は、インターネットでの先着申込みが多いです。

 

JCBプレミアムカード特典はありませんので、年会費無料カードでOK!

 

通常公演の場合、貸切公演と違い、公演によっては、発表されてすぐに先着申込みというケースもありますので、なるべく早めにカード申し込みをしておきましょう。

 

今から年会費無料の対象カードを作るのであれば、チケットセディナでも利用できるようにJCBマーク付きのセディナカードに申し込むことをおすすめします。

 

あるいは、セゾン・UCカード会員限定チケットでも利用できるようにJCBマーク付きのセゾンカードに申し込むと良いでしょう。

 

※チケットJCBでの宝塚歌劇のチケット申し込みについては、チケットJCB×宝塚歌劇 良い座席&当選確率UPを狙う方法はあるの?という記事でさらに詳しく書いています。

 

トク買

通常公演

セゾン・UCカード会員限定チケットのところでも書きましたが、トク買(税抜300円/月 ※初月無料)というのは、セゾンカード、UCカード会員さんのための優待サービスですね。

 

そのトク買の会員になると、トク買のサイト内で、福利厚生サービスのベネフィット・ステーションで取り扱っている宝塚歌劇などのチケット申し込みが可能です。

 

つまり、セゾン・UCカード会員限定チケットの対象カードを作っておけば、セゾン・UCカード会員限定チケットと、トク買の2つのチケットサービスが利用できるようになります。

 

さらに、JCBマーク付きのセゾンカードであれば、セゾン・UCカード会員限定チケットと、トク買、チケットJCBという3つの会員制チケットサービスが利用できるようになります。

 

年会費無料のクレジットカードを1枚作るだけで、3つの会員制チケットサービスが利用できるようになるのは、宝塚歌劇のファンにとってはありがたいですね。

 

もちろん、年会費無料カードの対象カードでOK。

 

セゾン系のクレジットカードの中で年会費無料カードと言うと、最もスタンダードなセゾンカードインターナショナルですので、非会員の方はチェックしてみてください。

 

※トク買での宝塚歌劇のチケット申し込みについては、トク買×宝塚歌劇は良い座席やチケット当選確率UPを狙う方法があるの?という記事でさらに詳しく書いています。

 

三菱UFJニコスチケットサービス

通常公演

三菱UFJニコスチケットサービスでも宝塚歌劇のチケットの取り扱いがあります。

 

ただし、貸切公演はなく、SS席の販売も原則ありません。

 

そのため、宝塚ファンの方の中にはあまり必要のないカードと考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、最近はチケット申し込みの倍率が高くなってきて、宝塚友の会の会員さんであってもなかなかチケットが取れないという現実があります。

 

ですので、申し込み窓口を増やすという意味で、1つでも多くのカード会社先行の対象カードを作っておくのは良いことです。

 

しかも、三菱UFJニコスチケットサービスの場合、チケット申し込みのためにゴールドカードにする必要もありませんので、年会費無料カードでOK!

 

年会費無料ですと、カード申し込みがしやすいのでありがたいですね。

 

年会費無料の三菱UFJニコスチケットサービス対象カードと言えば、VIASOカードというクレジットカードです。

 

公演によっては、発表されてすぐに先着申込みというケースもありますので、今後のためにカード申し込みを考えている方は、なるべく早めにVIASOカードの申し込みをしておきましょう。

 

ぐでたま、マイメロディ、くまモンなど、可愛いデザインのカードも含め検討されたい方は、VIASOカード デザイン一覧という記事を読んでみてください。

 

※三菱UFJニコスチケットサービスでの宝塚歌劇のチケット申し込みについては、三菱UFJニコスチケットサービス×宝塚歌劇 良い座席&当選確率UPを狙う方法はあるの?という記事でさらに詳しく書いています。

 

エポトクプラザ

通常公演

エポトクプラザはデパートのマルイ系列のクレジットカードであるエポスカード会員さんのために優待サービスになります。

 

エポトクプラザでも宝塚歌劇のチケットの取り扱いがあります。

 

ただし、貸切公演はなく、SS席の販売も原則ありません。

 

そのため、宝塚ファンの方の中にはあまり必要のないカードと考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、最近はチケット申し込みの倍率が高くなってきて、宝塚友の会の会員さんであってもなかなかチケットが取れないという現実があります。

 

ですので、申し込み窓口を増やすという意味で、1つでも多くのカード会社先行の対象カードを作っておくのは良いことです。

 

しかも、年会費永年無料のエポスカードでOK!

 

年会費無料ですと、カード申し込みがしやすいのでありがたいですね。

 

公演によっては、発表されてすぐに先着申込みというケースもありますので、今後のためにカード申し込みを考えている方は、なるべく早めにエポスカードの申し込みをしておきましょう。

 

※エポトクプラザでの宝塚歌劇のチケット申し込みについては、エポトクプラザ×宝塚歌劇(エポスカード)は良い座席や当選確率UPを狙う方法があるの?という記事でさらに詳しく書いています。

 

ビューカードチケット優待

通常公演

ビューカードというのは、JR東日本系列のクレジットカード。

 

ですので、関東地方の宝塚歌劇のチケット申し込みに関しては、ビューカードチケット優待で申し込みが行われることが多いです。

 

ただし、貸切公演はなく、SS席の販売も原則ありません。

 

そのため、宝塚ファンの方の中には、関東方面にお住いの方でも、あまり必要のないカードと考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、最近は東京宝塚劇場のチケット申し込みも倍率が高くなってきて、宝塚友の会の会員さんであってもなかなかチケットが取れないという現実があります。

 

ですので、申し込み窓口を増やすという意味で、1つでも多くのカード会社先行の対象カードを作っておくのは良いことです。

 

また、関東圏の方ですと、ビューカードは普段使い用としても役立つことが多いと思います。

 

おすすめは、JCBマーク付きのビューカードです。

 

ビューカードチケット優待・チケットJCBという2つの会員制チケットサービスが利用できるようになりますので、ある意味、宝塚歌劇のチケット当選確率を上げるためのカードと言っても良いでしょう。

 

公演によっては、発表されてすぐに先着申込みというケースもあります。

 

ビューカードチケット優待の場合、他のカード会社さんのチケットサービス以上にその傾向が強いので、今後のためにカード申し込みを考えている方は、なるべく早めに、対象のクレジットカードに申し込みをしましょう。

 

スタンダードなビューカードが良いということであれば、「ビュー・スイカ」カードというクレジットカードですね。

 

ただ、少しでもお得なビューカードを選びたいということであれば、ビックカメラSuicaカードがおすすめです。

 

ビックカメラSuicaカードは、通常のJRE POINTだけでなく、お買い物ごとにビックポイントも溜まっていく仕組みになっていますので、ポイント面でもお得です。

 

ちなみに、「ビュー・スイカ」カードも、ビックカメラSuicaカードも、JCBマーク付きのカードがあります。

 

※ビューカードチケット優待での宝塚歌劇のチケット申し込みについては、ビューカード×宝塚歌劇は良い座席やチケット当選確率UPを狙う方法はあるの?という記事でさらに詳しく書いています。

 

別箱公演のカード会社先行は?

貸切公演

別箱公演(外箱公演)の場合、カード会社さんの貸切公演があるかどうかについては、公演によって異なります。(まったくないケースも!)

 

これまでの別箱公演を振り返ると、カード会社さんの貸切公演があったとしても、セディナ貸切公演のみというケースが多かったです。

 

ですので、チケットセディナの対象カードを作っておくと、役立つ可能性はあります。

 

もちろん、年会費無料のチケットセディナ対象カードでOKです。

 

通常公演

通常公演に関して、公演によって、どのカード会社さんのチケットサービスで申し込みが行われるかは分かりませんが、多くのチケットサービスでカード会社先行申し込みが行われるケースが多いです。

 

多くの場合、発表後すぐに先着申込みが始まります。

 

ですので、発表されてからカード申し込みをしているようでは間に合わない可能性が高いということは理解しておきましょう。

 

あらかじめカード申し込みをしておくということであれば、年会費無料で作れるカード会社先行の対象カードの中から選びましょう。

 

バウホール公演のカード会社先行は?

通常公演

バウホール公演のチケットを取り扱っているカード会社さんのチケットサービスは、チケットセディナとチケットJCBのみ。

 

ですので、バウホール公演のチケット当選確率を上げたい方には、JCBマーク付きのセディナカードがかなりおすすめです。

 

今までの傾向ですと、バウホール公演の場合、チケットセディナもチケットJCBも、先着申し込みで発表から発売まで日数があまりないというケースが多いかなと思います。

 

ですので、バウホール公演のためにもJCBマーク付きのセディナカードを作りたいという方は、チケット申し込みの発表より前にカード申し込みをしておきましょう。

 

年会費無料カードですと、仮に直近の公演で役立たなかったとしても損をすることはありませんので、ありがたいですね。

 

年会費無料で比較的ポイントサービスが充実しているJCBマーク付きのセディナカードを紹介していますので、詳しくは下のリンク内の記事を読んでみてください。

JCBマーク付きのセディナカードで年会費無料&ポイントサービスが充実しているカードは?

 

クレカを作りたくないor作れない方は?

何らかの事情でクレジットカードが作れない方や、クレジットカードを作りたくない方は、デビットカードを作るという選択肢もあります。

 

チケットJCBに関してはデビットカードも決済用カードとして利用することが出来ます。(他のカード会社先行はデビットカード不可です!)

 

ですので、クレカを作れない or 作りたくない方は、原則審査の必要ないチケットJCBで利用できるデビットカードに申し込みをしましょう。

 

私も実際に作って、チケットJCBで利用したことがある、定番のデビットカードを紹介していますので、ご興味のある方は下のリンク内の記事を読んでみてください。

チケットJCBで利用できる比較的早く届いたデビットカードとは?

 

おすすめのクレジットカードは?

宝塚歌劇のファンの方に最もおすすめのクレジットカードを1枚挙げるとするなら、JCBマーク付きのセゾンカードですね。

 

1枚のクレジットカードを作るだけで、セゾン・UCカード会員限定チケット、トク買、チケットJCBという3つの会員制チケットサービスが利用できるようになるのは本当にありがたいです。

 

もちろん、年会費無料のJCBマーク付きのセゾンカードでOK。

 

他にもカード会社さんのチケットサービスで使えるカードはたくさんありますが、いずれにしても、チケット申し込み&普段使い用ということであれば、年会費無料カードですね。

 

年会費無料カードをいくつか持っていることが当選確率UPにつながると思います。

 

カード会社先行なびでは、カード会社さんのチケットサービスで使えるおすすめの年会費無料カードを紹介しています。

 

ご興味のある方は、カード会社先行で使える年会費無料カード まとめという記事を参考に読んでみてください。

 

最新のチケット情報(カード会社先行)

最新のカード会社先行情報については、宝塚歌劇 カード会社先行 チケット情報 一覧よりお進みください。

 

以上、『宝塚歌劇のカード会社先行について おすすめのクレジットカードはどれ?』という記事でした。

タイトルとURLをコピーしました