宝塚歌劇 別箱公演(外箱公演)とは?

宝塚歌劇ファン用語における「別箱」とは、宝塚大劇場・東京宝塚劇場・宝塚バウホール以外部劇場での公演のことを指します。

「外箱」と呼ばれることも。

梅田芸術劇場メインホールやシアター・ドラマシティ、TBS赤坂ACTシアター、KAAT神奈川芸術劇場などが代表ですね。

ちなみに、宝塚大劇場公演は「ムラ公演」や「大劇場公演」、東京宝塚劇場公演は「東宝公演」、バウホール公演は「バウ公演」と呼ばれたりします。(バウを別箱として扱う方もいらっしゃいます。)

全国ツアーも外部劇場公演ですが、こちらは総称して「全ツ公演」と呼ぶことが多いので、別にしておきます。

別箱公演は、一つの組が二手に分かれ、別の演目を上演することが通例です。

例えば2020年6月〜7月の星組は、『エル・アルコン-鷹-』は全国ツアー、『シラノ・ド・ベルジュラック』はTBS赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティでの公演で二手に分かれます。

他にも、バウ公演と外箱公演、バウ公演と全ツ公演という組み合わせの場合もあります。

以上、『宝塚歌劇 別箱公演(外箱公演)とは?』という記事でした。

【別箱公演 カード会社先行情報】

NOW! ZOOM ME!!

シラノ・ド・ベルジュラック

NICE WORK IF YOU CAN GET IT

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする