【2021年帝国劇場】ABC座(えび座)ジャニーズ伝説(ジャニ伝)の座席(神席・良席・見学席など)について過去公演を参考にまとめました。

2021年12月7日から帝国劇場にて、A.B.C-Zの主演舞台 ABC座(えび座)シリーズ『ジャニーズ伝説 2021 at Imperial Theatre』(ジャニ伝)が上演されます。

 

『ABC座』が帝国劇場で上演されるのは今回が初めてです。

 

公式サイトを確認すると座席はS席とA席の2種類となっていますが、この記事を書いている時点では、座席表は発表されていません。

 

帝国劇場で上演されているジャニーズ作品の舞台では『ドリボ』がS席とA席の2種類となっていて、毎回1階全席と2階の8列目までがS席で、2階S席の後ろがすべてA席という座席になっています。

 

今回の『ジャニーズ伝説』も同じような座席になるのではないかと思います。

 

その中で、ファンの間で神席と呼ばれる席がいくつかあります。

 

感染拡大防止対策のため、通常なら神席だった座席が神席とは言えなく可能性もありますが、これまで通りの神席があることを願って、過去公演を参考に「これまでの神席」を紹介しておきます。

 

これまでの「神席=良席」

S席1階前列

ファンにとっての1番の神席は、大好きな自担を近くで見れることです。

 

最前列は、出演者を間近で観ることができますし、迫力満点の舞台を堪能できます。

 

S席は範囲が広いので同じS席でも最前列と1階の後ろの方では見え方は全然違ってきますのでS席を希望しても神席とは限りらないことは覚悟しておきましょう。

 

S席 1階席の通路側

『ジャニーズ伝説』では、これまで通路を使った演出が行われています。

 

通路側のお席は出演者が通る可能性があり、その場合は神席となります。

 

ただ、コロナウイルス感染拡大後のジャニーズ作品の舞台では、感染拡大防止対策のためだとは思いますが、通路演出は行われませんので今回も行われない可能性は高いと思われます。

 

2階前列

2階席は舞台から遠くなってしまいますが、コンサートと比べると舞台の会場のほうがキャパが狭くなりますので2階席でも十分楽しめます。

 

特に2階席の前方でしたら、舞台全体を見ることができ、落ちついて舞台を楽しめます。

 

より楽しむために双眼鏡を持参することをお勧めします。

 

見学席近く

ジャニーズ作品の舞台では、他のジャニーズタレントが見学に来ることが有名です。

 

特に出演者の仲の良い先輩・後輩が舞台の見学に訪れることが多いので期待しているファンも多いです。

 

見学席は毎回、決まっていることが多く、自分の席が見学席から近くだと出演者以外の他のジャニーズタレントを近くで見れるというお得な状況になります。

 

ただし、見学者が見えたとしても静かに見守る程度にして、間違っても舞台の邪魔になるような行為、見学者に迷惑をかけるような行為は避けましょう。

 

以上、『【2021年帝国劇場】ABC座(えび座)ジャニーズ伝説(ジャニ伝)の座席(神席・良席・見学席など)について過去公演を参考にまとめました。』という記事でした。

 

※2021年公演のチケット情報↓↓

カード枠は?ABC座(えび座)ジャニーズ伝説(ジャニ伝) 2021年帝国劇場公演 クレジットカード枠 申し込み方法

タイトルとURLをコピーしました