チケットの取り方は?京本大我主演 流星の音色(2022年 新橋演舞場) 前売り券 購入方法 まとめ

京本大我くん(SixTONE)主演ミュージカル 舞台『流星の音色』が8月2日から8月17日に新橋演舞場(東京)、その後、御園座(名古屋)、南座(京都)、広島文化学園HBGホール(広島)にて上演されます。

 

この記事では、『流星の音色』のファンクラブ先行以外のチケット申し込み方法をまとめておきます。

 

流星の音色のチケットの取り方

松竹歌舞伎座会先行(松竹枠先行)

松竹公式サイトに「松竹歌舞伎会 先行販売あり」と書かれている通り、会員限定の先行申し込みが行われます。

 

松竹枠先行とも言われているチケット申し込みですね。

 

ただし、2021年12月7日午前4時以降に松竹歌舞伎会に申し込まれた方は、対象外となっていますので、今から会員登録をしても先行販売には間に合いません。

 

7月18日(月・祝)10時より一般発売がありますので、そちらに挑戦しましょう。

 

一般発売

7月18日(月・祝)10時より一般発売があります。

 

この記事を書いている時点で、松竹公式サイトには詳細は記載されていません。

 

発表され次第、このページ内でも追記します。

 

その他のチケットの取り方

カード会社先行はあるの?

カード会社先行での申し込みは、この記事を書いている時点では発表されていませんので、不明です。

 

『滝沢歌舞伎ZERO』2022年公演も、三菱UFJニコスチケットサービスやエポトクプラザなどで、カード会社先行がありましたので、もしかしたら、どこかのタイミングで発表されるかもしれません。

 

発表された場合は、このページ内でも追記します。

 

あらかじめ、対象カードを作っておきたい方は、仮に今回の申し込みで役に立たなかったとしても損をしないよう、年会費無料カードにしておきましょう。

カード会社先行で使える年会費無料カード まとめ

 

以上、『チケットの取り方は?京本大我主演 流星の音色(2022年 新橋演舞場) 前売り券 購入方法 まとめ』という記事でした。

タイトルとURLをコピーしました