【年会費無料】チケットJCBで使えるおすすめのデビットカードとは?

カード会社さんのチケットサービスは、デビットカードが使えないものばかり。

 

しかし、チケットJCBは、JCBマークが付いていれば、デビットカードでも決済用のカードとして利用可能です。

 

この記事では、デビットカードの中でも定番中の定番である、三菱UFJ-JCBデビットを紹介します。

 

メガバンクの1つである三菱UFJ銀行が発行するカードで安心感があるなと思い、私もチケットJCBの決済用カードとして度々利用しているデビットカードです。

 

三菱UFJ-JCBデビットの基本情報

主なカードスペック

カード名 三菱UFJ-JCBデビット
年会費 無料
家族カード なし
ETCカード なし
国際ブランド JCB
キャッシュバック率 0.2%(自動キャッシュバック)
国内旅行保険 あり ※利用付帯
海外旅行保険 あり ※利用付帯
不正利用補償 あり
申し込み対象年齢 中学生を除く15歳~

公式:三菱UFJ-JCBデビット

 

保険・補償について補足

国内ショッピング保険 なし
海外ショッピング保険 最大 年間100万円

※自己負担額10,000円/1事故あたり

※三菱UFJ-JCBデビットを利用して購入した品物の破損・盗難。

不正利用補償 最大 年間500万円

※1事故あたり

※偽造・盗難カード等が第三者によって不正利用された場合、三菱UFJ銀行が連絡を受けた日から60日前まで遡り、その日以降に発生した損害について補償。

※故意または重大な過失によって生じた場合等、補償できない場合もあり。

海外旅行保険 【死亡後遺障害】最大3,000万円

【傷害・疾病治療】最大100万円

【賠償責任】最大2,000万円

【携行品の損害】1旅行最大20万円、年間100万円(自己負担額3,000円/1事故あたり)

【救援者費用】最大100万円

※海外旅行に関する所定の料金の支払いにJCBデビット利用した場合に適用。

国内旅行保険 【死亡・後遺障害】最大3,000万円

※国内旅行に関する所定の料金の支払いに事前にJCBデビットを利用した場合に適用。

 

デビットカードはご自身の銀行口座に入っているお金で即時決済される仕組みですので、特に不正利用が心配だと思います。

 

ただ、上の表の通り三菱UFJ-JCBデビットの不正利用補償サービスは、かなり充実していますので、安心感のあるカードと言って良いでしょう。

 

年齢・条件・審査について補足

対象年齢は中学生を除く15歳以上の方ですので、高校生もOKです。

 

その他の条件は、三菱UFJ銀行の口座を利用中、または、申し込み時に三菱UFJ銀行の口座を開設するということくらいです。

 

三菱UFJ-JCBデビットを利用する時、三菱UFJ銀行の口座から決済されるためですね。

 

また、クレジットカードのような審査はありませんので、何らかの事情でクレジットカードが作れない方にも適していますね。

 

公式:三菱UFJ-JCBデビット

 

チケットJCB利用時のデメリット

プレミアムカード特典は対象外

三菱UFJ-JCBデビットは、ゴールドカードやプラチナカードがありません。

 

ですので、チケットJCBの「JCBプレミアムカード会員特典」の申し込みを考えてる方にとっては、デメリットになるかなと思います。

 

ただし、「JCBプレミアムカード会員特典」以外のチケット申し込みはすべてOK。

 

実際に私も、三菱UFJ-JCBデビットをチケットJCBの支払い用カードに登録をして、宝塚歌劇やジャニーズタレント出演舞台のチケットを取ったことがあります。

 

まとめ:こんな方におすすめです!

下記のような方は、チケットJCBの対象カードとして、三菱UFJ-JCBデビットを作ることをおすすめします。

 

・高校生

・クレカを禁止されている大学生など

・審査の問題でクレカが作れない

・これ以上クレカを増やしたくない

・そもそもクレカが嫌いで作りたくない

 

上記のいずれかに当てはまる方で、カード会社さんのチケットサービスを利用したい方は、三菱UFJ-JCBデビットを作って、チケットJCBを利用されることをおすすめします。

 

その他のカードスペックや、お得な入会キャンペーン情報は、公式サイト内をチェックしてみてください。

 

公式:三菱UFJ-JCBデビット

 

以上、『【年会費無料】チケットJCBで使えるおすすめのデビットカードとは?』という記事でした。

 

クレジットカードが作れる方に関しては、カード会社先行で使える年会費無料カードの中からご自身に合う1枚を選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました