スタンダードな三井住友カード

この記事では、スタンダードな三井住友カード(2券種)を紹介します。

 

※幅広いカードスペック情報を確認したい方は、三井住友カード 公式サイトをチェックしてみてください。

 

スタンダードな三井住友カード(2券種)

デビュープラス(18歳~25歳)

 

 

 

 

 

カード名 三井住友カード デビュープラス
年会費 1,375円(税込)
初年度無料

年1回利用で翌年度無料
家族カード 440円(税込) /年
初年度無料
年3回の利用で無料
ETCカード 550円(税込) /年
初年度無料
年1回の利用で翌年度無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 1% ※ポイントUPあり
海外旅行傷害保険 なし
申し込み対象年齢 高校生を除く18歳~25歳
発行スピード 最短翌営業日発行

 

高校生を除く18歳~25歳までの方が申し込み出来る三井住友カード デビュープラスというクレジットカードです。

 

年会費は初年度無料で、前年に一度以上カードのご利用があれば翌年度以降も年会費無料ですので、実質無料で利用できます。

 

画像の通り、選べる国際ブランドはVISAブランドのみ。

 

若い方向けに年齢を限定しているということはお得な点があります。

 

それはポイントサービスです。

 

ポイントは他の三井住友カードの2倍!

 

ポイントを商品券に交換するのか、他社ポイントに交換するのか、その他商品に交換するのかによって違いますが、ポイント還元率は1%になることが多いです。

 

三井住友カード デビュープラスのポイント還元率

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、Amazonなどの通販サイトでのお買い物の場合は、ポイントUPモールというサイトを経由して購入すれば、さらに還元率は高まります。(Amazonの場合はポイント還元率1.5%になることが多いです。)

 

実際のところ、このポイントサービスがお得という理由だけで、18歳~25歳のほとんどの方は、三井住友カード デビュープラスでOKだと思います。

 

ただし、三井住友カードデビュープラスは、国内・海外の旅行障害保険が付いていないというデメリットがありますので、旅行によく行かれる方に関しては、他の三井住友カードも含めて検討をすると良いでしょう。

 

ちなみに、18歳~25歳限定と言っても、26歳になった時点で終了ではなく、26歳になった時点でカードに記載されている有効期限まで会員でいられます。

 

そして、その後、他のカードにランクアップしますので、三井住友カード デビュープラスを卒業してからもVpassチケットを継続して利用することが可能ですので、安心してください。

 

最短翌営業日発行で比較的早くカードが届くようになりましたが、チケット申し込みに間に合うよう、なるべく早めにカード申し込みをしておきましょう。

 

公式:三井住友カード デビュープラス

 

【比較】

デビュープラスも含め、いくつかのカードの中から選びたいという方は、三井住友カードの公式サイトをぜひどうぞ。

公式:三井住友カード

 

三井住友カード(18歳~)

 

 

 

 

 

カード名 三井住友カード
年会費 1,375円(税込)/年
初年度無料
条件により無料
家族カード 440円(税込)/年
初年度無料
年3回の利用で無料
ETCカード 550円(税込)/年
初年度無料
年1回の利用で翌年度無料
国際ブランド VISA・Mastercard
ポイント還元率 0.5% ※ポイントUPあり
海外旅行傷害保険 あり ※利用付帯
申し込み対象年齢 高校生を除く18歳~
発行スピード 最短翌営業日発行

 

最もスタンダードな三井住友カードは、高校生を除く18歳以上の方が申し込める三井住友カードというクレジットカードです。

 

年会費は初年度無料(WEB申し込みのみ)。

 

翌年度以降も条件により年会費無料です。(※通常年会費1,375円(税込) ※学生さんの場合は在学中無料)

 

画像はVISAマークですが、VISAブランド、Mastercardブランドの2つの国際ブランドから選ぶことができ、どちらを選んでもVpassチケットで利用可能。

 

ポイントを商品券に交換するのか、他社ポイントに交換するのか、その他商品に交換するのかによって違いますが、三井住友カードのポイント還元率は0.5%相当になることが多いです。

 

三井住友カードのポイント還元率

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0.5%というと標準的ですので、少しでも還元率を高くしたいのであれば、ポイントUPモールというサイトを利用しましょう。

 

Amazonなどの通販サイトでのお買い物の場合、ポイントUPモールというサイトを経由して購入すれば、還元率は高まります。(Amazonの場合はポイント還元率1%になることが多いです。)

 

最短翌営業日発行で比較的早くカードが届くようになりましたが、チケット申し込みに間に合うよう、なるべく早めにカード申し込みをしておきましょう。

 

公式:三井住友カード

 

以上、『スタンダードな三井住友カード』という記事でした。

 

Vpassチケットの発売日や締切日が間近ということで、お急ぎの方は、下のリンク内の記事を読んでみてください。

【最短翌営業日発行】三井住友VISAカードを少しでも早く届けてもらう方法とは?

タイトルとURLをコピーしました