Endless SHOCK 2020(20周年)交換希望や名義交換希望は規約違反になる?

堂本光一くん主演舞台『Endless SHOCK 20th Anniversary』(エンドレスショック)が2020年2月4日から帝国劇場で上演されます。

SNS上では、ジャニーズ作品の舞台のチケットに関する「交換希望」という投稿をよく見かけます。

今回の『Endless SHOCK 20th Anniversary』のチケットの交換希望の投稿は出ているのでしょうか?

そして、金銭のやり取りが全くない、お互い希望のチケットを交換するという行為は、違反となるのでしょうか?

チケット交換希望の投稿はある?

この記事を書いている時点で『Endless SHOCK 20th Anniversary』のファンクラブ先行受付は、開始したばかりです。

ツイッターを確認したところ、チケットが誰の手元にもない今は、チケットの交換はまだ見当たりません。

その代わりに「名義を貸してください」「名義を貸します」などの投稿をいくつか見かけました。

自分の名義だけでは、当選するか不安なので、使わない名義を貸して欲しい、その代わり自分が使わない公演の名義を貸しますという方や、反対にキンキやKAT-TUN、ジャニーズジュニア情報局のファンクラブ会員で今回は、自分が担当する人が出ないので使わない名義を貸すので、他の名義を貸してほしいといった内容です。

チケット交換希望の投稿は、ファンクラブ先行受付の当落結果発表以降に、当選した日が都合が悪くなったり、重複して当選してしまった方がたくさん投稿すると思います。

名義交換は規約違反?

ファンクラブのチケット販売規約の禁止事項に、「自分以外の名義を用いて購入申込をする行為」が記載されています。

ですので、名義を貸したり借りたりする行為は、規約違反となります。

お互い自担出演舞台は、絶対に見たいし、自分が使わないのであれば、本当に見たい人のために貸すという思いは、ファン同士気持ちがわかるからこそできる行為ですが、アーティストやファンがトラブルなく、気持ちよく舞台を成功させるためのルールですので仕方ないですね。

無償の交換チケットは規約違反?

SNS上でのチケット交換は、お互い希望するチケットを無償で交換します。

一見何の問題もなさそうですが、チケット販売規約の禁止事項に「目的・手段の如何を問わず、チケットの申込資格等を第三者に転売し、または有償・無償を問わず譲渡し、転売または譲渡を試み、転売または譲渡のために第三者に提供する行為」と、記載されています。

ですので、文言通り解釈をすると、例えお金が発生しないお互い納得した行為だとしても、規約違反となるということでしょうね。

無償なら良いのでは?と思いますが、こちらもルールなのでしかたがないですね。

※最新のチケット情報は↓↓

チケットの取り方は?堂本光一主演舞台 Endless SHOCK 2020(20周年)前売り券 申し込み方法 まとめ

※カード枠も発表されました↓↓

カード枠は?Endless SHOCK 2020(エンドレスショック)カード会社先行 申し込み方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする