宝塚歌劇月組 桜嵐記(2020年)は高倍率予想?当選確率UPの方法は?

月組トップスター・珠城りょうさん、トップ娘役・美園さくらさんの退団が発表されました。

二人が退団公演で挑むのは、ロマン・トラジック『桜嵐記(おうらんき)』スーパー・ファンタジー『Dream Chaser』です。

退団公演ということだけでも、チケットは高倍率となると考えられます。

さらに倍率を高める要素が、『桜嵐記』の作・演出を手がけるのはファンの多い人気演出家、上田久美子さんということです。

珠城りょう×上田久美子の相性がいいのは、2013年『月雲の皇子』から証明済み。

美しさと尊さが忘れられない、衝撃のデビュー作でした。

2018年『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』というショーも斜め上の発想で大人気を博しました。(未見の方はぜひご覧になってみてくださいね!)

今作は「南朝の武将・楠木正行の、儚くも鮮烈な命の軌跡」を描く物語。珠城りょうさんの良さを存分に活かした、美しく切ない舞台になること間違いなしです。

また、中村暁さんのショーはオーソドックスな宝塚らしい美しさに定評がありますので、お芝居との組み合わせも良いと思います。

『桜嵐記』に限らず、宝塚歌劇の高倍率が予想される公演のチケット当選確率UPのためには、カード会社先行でのチケット申し込みなど、窓口を1つでも増やすしかありません。

あらかじめカード会社先行の対象カードを作っておきたいということであれば、年会費無料カードの中から選ばれることをおすすめします。詳しくは下のリンク内の記事をぜひどうぞ。

カード会社先行で使える年会費無料カード まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする