三菱UFJデビットはVISAとJCBのどっちが良い?違いは?それぞれのメリット デメリットを紹介します。

三菱UFJデビットは、三菱UFJ-VISAデビットと三菱UFJ-JCBデビットの2種類ありますが、VISA・JCBの違いはどういった点なのでしょうか?

 

この記事では、デビットカードに申し込む際に気になる「年会費」「ポイントサービス」「保険・補償サービス」を中心に比較したいと思います。

 

同じ三菱UFJデビットでも、VISAとJCBで違いもありますので、ご自身にとってどっちが良いか?参考に読んでみてください。

 

※どちらのカードが良いのか、結論だけを読みたい方は、結論:VISA JCB どっちが良い?におすすみください。

 

三菱UFJ-VISAデビット

主なカードスペック

 

 

 

 

年会費 無料
家族カード なし
ETCカード なし
国際ブランド VISA
キャッシュバック率 0.2%
国内旅行保険 なし
海外旅行保険 なし
不正利用補償 あり
申し込み対象年齢 中学生を除く15歳~

公式:三菱UFJ-VISAデビット

 

年会費について補足

三菱UFJデビットの年会費は2020年7月以降無料になりました。

 

2020年6月30日までに申し込みをすれば5年間無料という条件付きの年会費無料キャンペーンもありましたが、現在はキャンペーン中かどうか関係なく無料です。

 

過去:有料または条件付き無料

現在:無料

 

キャッシュバック率について補足

三菱UFJ-VISAデビットは、毎月1日~末日のご利用に応じた金額の0.2%が翌月25日(銀行休業日の場合は翌営業日)に決済口座に自動キャッシュバックされます。

 

ですので、月に10万円カード決済をすると、200円が戻るということですね。

 

保険・補償について補足

三菱UFJ-VISAデビットの付帯保険は以下の通りです。

 

国内・海外ショッピング保険 最大 年間100万円

※三菱UFJ-VISAデビットを利用して購入した品物の破損・盗難

不正利用補償 最大 年間100万円

※偽造・盗難カード等が第三者によって不正利用された場合、三菱UFJ銀行が連絡を受けた日から60日前まで遡り、その日以降に発生した損害について補償。故意または重大な過失によって生じた場合等、補償できない場合もあり。

海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし

 

旅行傷害保険は付いていませんが、例えば、海外旅行に行く際の保険はカードとは別に契約をすれば良いので、それほど気にすることではありません。

 

デビットカードの場合、重要なのは、不正利用補償ですね。

 

三菱UFJ-VISAデビットの場合、最大:年間100万円の補償が付いています。

 

公式:三菱UFJ-VISAデビット

 

三菱UFJ-JCBデビット

主なカードスペック

 

 

 

 

年会費 無料
家族カード なし
ETCカード なし
国際ブランド JCB
キャッシュバック率 0.2%
国内旅行保険 あり
海外旅行保険 あり
不正利用補償 あり
申し込み対象年齢 中学生を除く15歳~

公式:三菱UFJ-JCBデビット

 

年会費について補足

三菱UFJデビットの年会費は2020年7月以降無料になりました。

 

2020年6月30日までに申し込みをすれば5年間無料という条件付きの年会費無料キャンペーンもありましたが、現在はキャンペーン中かどうか関係なく無料です。

 

過去:有料または条件付き無料

現在:無料

 

キャッシュバック率について補足

三菱UFJ-VISAデビットは、毎月1日~末日のご利用に応じた金額の0.2%が翌月25日(銀行休業日の場合は翌営業日)に決済口座に自動キャッシュバックされます。

 

ですので、月に10万円カード決済をすると、200円が戻るということですね。

 

(※2020年9月1日までに三菱UFJ-JCBデビットに入会してる方は、Oki Doki ポイントプログラムというJCBのポイントシステムが採用されています。)

 

保険・補償について補足

三菱UFJ-JCBデビットの付帯保険は以下の通りです。

 

国内ショッピング保険 なし
海外ショッピング保険 最大 年間100万円

※自己負担額10,000円/1事故あたり

※三菱UFJ-JCBデビットを利用して購入した品物の破損・盗難。

不正利用補償 最大 年間500万円

※1事故あたり

※偽造・盗難カード等が第三者によって不正利用された場合、三菱UFJ銀行が連絡を受けた日から60日前まで遡り、その日以降に発生した損害について補償。

※故意または重大な過失によって生じた場合等、補償できない場合もあり。

海外旅行保険 【死亡後遺障害】最大3,000万円

【傷害・疾病治療】最大100万円

【賠償責任】最大2,000万円

【携行品の損害】1旅行最大20万円、年間100万円(自己負担額3,000円/1事故あたり)

【救援者費用】最大100万円

※海外旅行に関する所定の料金の支払いにJCBデビット利用した場合に適用。

国内旅行保険 【死亡・後遺障害】最大3,000万円

※国内旅行に関する所定の料金の支払いに事前にJCBデビットを利用した場合に適用。

 

三菱UFJ-VISAデビットと違って、三菱UFJ-JCBデビットはクレジットカードのサービスのような旅行傷害保険が付いています。

 

また、不正利用補償は、最大:年間500万円です。

 

三菱UFJ-JCBデビットの保険・保証サービスは、かなり充実していると言って良いでしょう。

 

公式:三菱UFJ-JCBデビット

 

結論:VISA JCB どっちが良い?

年会費はどちらも無料ですので、差はありません。

 

また、2020年9月以降は、キャッシュバック率も差がなくなりました。

 

2020年9月以降の大きな違いは保険サービスですね。

 

特にデビットカードの場合は不正利用補償が気になるかと思います。

 

ですので、不正利用補償が充実している分、三菱UFJ-JCBデビットの方が若干、メリットが大きいかなと思います。

 

ただし、三菱UFJ-JCBデビットではなく、三菱UFJ-VISAデビットを選ぶべき方もいます。

 

それは、よく行くお店ではJCBカードが使えないという方です。

 

「そんな理由なの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、クレジットカードも含め、JCBカードしか持っていない方の最大のデメリットと言えるでしょう。

 

実際に私もつい最近、同じ日に2度、飲食店で「JCBカードは使えません」と言われて困ったことがありました。(※その日はたまたまJCBとアメックスのカードしか持っておらず、アメックスも不可でした。)

 

これは国内での出来事ですが、海外でもVISAカードの方がおすすめです。

 

よく行くお店ではJCBカードが使えないという方、海外によく行かれる方に関しては、ポイントサービスなどのメリットに目をつぶって三菱UFJ-VISAデビットに申し込むということも悪い選択ではありません。

 

まとめると・・・

 

カードスペックで選ぶなら、保険サービスの充実している三菱UFJ-JCBデビット
がおすすめ。

 

JCB利用不可の店舗に行く頻度が高そうな方は、三菱UFJ-VISAデビットがおすすめです。

 

以上、三菱UFJ-VISAデビットと三菱UFJ-JCBデビットの比較記事でした。

タイトルとURLをコピーしました