JCBマーク付きのセディナカードで年会費無料&ポイントサービスが充実しているカードは?

JCBマークの付いたセディナカードを選ぶと、チケットセディナでもチケットJCBでもチケット申し込みが可能。

ですので、ある意味、宝塚歌劇や、ジャニーズ舞台などの当選確率を上げる方法と言っても良いでしょう。

この記事では、年会費無料でポイントサービスが充実しているJCBマーク付きのセディナカードということで、セディナカードJiyu!da!というクレジットカードを紹介します。

年会費・ポイント還元率

◎年会費無料

◎海外でのご利用分を1.5%ポイント還元

◎全国のセブン-イレブン、ダイエー、イオン等でのご利用分を1.5%ポイント還元

◎マルエツ等の各店舗で毎月第2・第4日曜日5%割引

クレジットカードの中には年会費無料ではなく、条件により年会費無料というカードも多いですが、セディナカードJiyu!da!は、ずっと無料です。

しかも、ポイントサービスも充実!

通常のポイント還元率は0.5%ですので、それだけを見ると決して高還元率とは言えませんが、セブン-イレブン、ダイエー、イオンなどによく行かれる方にとっては、高還元率カードになります。

他のセディナ社発行のクレジットカードと比べると、ポイントサービスは充実していますので、年会費無料&高還元率のチケットセディナ対象カードということですと、セディナカードJiyu!da!になります。

セディナカードJiyu!da!の注意点

セディナカードJiyu!da!は、毎月の支払額/支払い方法を自由に決めることが出来る「よゆう払い」というサービスがセールスポイントであり、注意しなければいけない点でもあります。

毎月27日の「月々払い」+お金に余裕のある時に支払う「よゆう払い」に分けて支払うことが可能です。

「よゆう払い」はいわゆるリボ払い。

リボ払いというと、手数料が高いのでは・・・?と、心配される方も多いでしょう。

しかし、手数料をかけずに支払いをする方法があります。

セディナカードJiyu!da!の支払い金額は最初は5,000円に設定されているのですが、その支払代金を例えば、30,000円に設定し、毎月30,000円未満のカード利用に抑えておけばOK。

そうすれば、一般的なクレジットカード一括払いと同じで、使った分だけ毎月翌月の27日に支払い、手数料はかかりません。

おまけに、ポイントサービスが他のチケットセディナ対象カードよりもお得なシーンが多いということです。

インターネットでセディナカードJiyu!da!の申し込みをして、届いたらすぐに、支払い金額の変更をして、常に一括払いと同じような支払いが出来るようにしましょう。

もちろん、「よゆう払い」に大きなメリットを感じられる方は、無理のない範囲で活用していくのも悪いことではありません。

まとめ:セディナカード×JCB

この記事では、年会費無料の中でポイントサービスが充実しているJCBマーク付きのセディナカード(=セディナカードJiyu!da!)を紹介しました。

年会費無料カードですが、全国のセブン-イレブン、ダイエー、イオン等でのご利用分を1.5%ポイント還元など、ポイントサービスも充実!

国際ブランドは、JCBだけでなく、VISAやmastercardも選ぶことが出来ますので、チケットJCBで使えるJCBカードをすでに持っている方は、もちろん、JCBにこだわる必要はありません。

普段使いのことを考えると、他でJCBブランドのカードを持っているのであれば、VISAやmastercardにしておく方が良いかもしれませんね。

カードスペックなど、詳しくは公式サイト内をチェックしてみてください。

公式⇒・セディナカードJiyu!da!

チケットセディナの対象カード・対象外のカードについては、下のリンク内の記事にも書いていますので、よければ読んでみてください。

チケットセディナの対象カードは?おすすめ&対象外のクレジットカードを紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする