帝国劇場でのジャニーズ舞台とは?おすすめのチケットの取り方は?

帝国劇場でのジャニーズ作品の舞台の魅力や歴史から、チケットの取り方まで解説します。

 

チケットの取り方は、舞台の場合、コンサートと違い、特殊な申し込み方法がたくさんありますので、参考にしてみてください。

 

帝国劇場でのジャニーズ舞台の魅力

帝劇で行われるジャニーズの魅力は、コンサートと比べてキャパが狭いので、近くで生の演技が見れるところです。

 

ジャニーズ舞台は、演技や歌、ダンス、笑いなどすべてを堪能でき、フライングや派手な演出で観客を全く飽きさせません。

 

帝劇で行われるジャニーズ舞台の特徴といえる演出の一つ「通路演出」では、出演者が舞台中に通路を通るので、近くで大好きな出演者を見ることが出来ますし、迫力もあります。

 

もう一つの楽しみ方として、デビュー組主演の舞台にもジャニーズJr.がたくさん出演していますし、最近はジャニーズJr.メインの舞台も多くなってきていますので、まだ知らない、新しい担当(ジャニーズJr.)を発見するチャンスでもあります。

 

帝国劇場でのジャニーズ舞台の歴史

ジャニーズの舞台は、帝国劇場で数多くの作品がこれまで上演され、17年の歴史があります。

 

まず、その歴史を振り返っていきます。

 

Endless SHOCK

帝国劇場で初めてジャニーズが舞台をしたのが『Endless SHOCK』です。

 

KinKi Kidsの堂本光一くんが座長を務め、2000年から現在も続いています。

 

過去には、今井翼くんや錦戸亮くん、生田斗真くんなども出演し、現在は、屋良朝幸くんや内博貴くんがメインキャストで出演しています。

 

光一くんのフライングや甲冑姿が見られ、2階席にも光一くんがフライングして、舞い降りてくるのでど2階席にも光一くんがフライングの席でも楽しませてくれる舞台となっています。

 

DREAM BOYS

ドリボは、2004年に滝沢秀明くんが座長としてスタートした、ボクシングをテーマにした物語です。

 

滝沢秀明くん座長の『ドリボ』には、他に、KAT-TUNや関ジャニ∞が出演。

 

その4か月後には「KAT-TUN&関ジャニ∞編」と滝沢くん座長の再演が行われました。

 

翌年、2005年から2012年までKAT-TUNの亀梨和也くんが座長を務め、毎年、空中パフォーマンスやフライングなど違った大技を披露していました。

 

2013年からはキスマイ(Kis-My-Ft2)の玉森裕太くんが4年間座長を務めて、メインキャストに同じくキスマイの千賀健永くんと宮田俊哉くんが出演していました。

 

5年目となる2017年は、残念ながら『ドリボ』の上演はありませんでした。

 

2017年には、玉森裕太くん座長の『ドリボ』が初めてDVD化されたので、もしかしたらそのまま終わってしまうのではないかと噂されていました。

 

しかし、2018年9月には、玉森裕太くん座長、メインキャストとして千賀健永くん・宮田俊哉くんの『ドリボ』が帰ってきました。

 

『ドリボ2018』は、ジャニーズJr.のHiHi Jetsが加わり、ストーリーも大きく変化しました。

 

そして、2019年からは、玉森くん・千賀くん・宮田くんから6年ぶりに世代交代をして、King&Princeの岸優太くんと神宮寺勇太くんの2人がメインを務めました。

 

SNS上でもたくさんの感想があげられていて、岸くん演じる主人公とその弟との関係性や神宮寺くん演じるチャンプの雰囲気もこれまでとは違った形となっているようです。

 

毎回恒例の座長の見せ場でもある大技も披露され、伝統をきちんと受け継ぎながらも新生DREAM BOYSが誕生しました。

 

JOHNNYS’World

初演は2012年で、これまで帝劇では5回上演されました。

 

ジャニーズ事務所に所属するタレントが数多く出演するこの舞台は、Hey! Say! JUMP、A.B.C-Z、Sexy Zoneなどの人気グループやたくさんのジャニーズJr.が出演しました。

 

ジャニーズ・オールスターズ・アイランド

毎年恒例となっていた『ジャニワ』が上演されるものだと思っていたのですが、2016年12月から2017年1月は、新たに『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』が上演されました。

 

『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』は、キスマイの玉森裕太くんと藤ヶ谷太輔くん、Sexy Zoneの佐藤勝利くんなどのデビュー組や、内博貴くん、ジャニーズJr.が出演。

 

しかも、日によっては、嵐や関ジャニ∞、キスマイのメンバーや堂本光一くん、亀梨和也くんなど豪華なデビュー組がゲストで登場するという、豪華な舞台でした。

 

ジャニーズ YOU&ME アイランド

2017年は、毎年『ドリボ』が行われていた帝劇9月公演枠には、『ジャニーズ YOU&ME アイランド』というタイトルのジャニーズJr.だけで行われる舞台が上演されました。

 

ジャニーズ Happy New Year アイランド

2018年1月には、ジャニーズJr.と東山紀之さんとで『ジャニーズ Happy New Year アイランド』が帝国劇場で上演されました。

 

東山紀之さんが、ジャニ―喜多川作・構成・演出の舞台に立つのは少年隊主演の「PLAYZONE」以来となりますので、9年ぶりとなりました。

 

JOHNNY’S King & Prince IsLAND

2018年12月~2019年1月にかけて、帝国劇場にて、2018年5月にCDデビューを果たしたキンプリ(KING&Prince)が主演を務める『JOHNNY’S King & Prince IsLAND 』が上演されました。

 

ジャニーズアイランド

キンプリの平野紫耀くん、永瀬廉くん、高橋海人くんが出演する舞台『Johnny’s ISLAND』(ジャニーズアイランド)が2019年12月~2020年1月に上演されます。

 

帝劇ジャニーズのチケットの取り方

【ファンクラブ先行受付】

以前まで、ファンクラブ会員対象の申し込み方法は、Web申し込みと郵便振り込みでの申し込みがあり、公演ごとに異なっていました。

 

どちらも抽選申し込みで後日、当落発表が行われます。

 

ただ、2017年辺りから、ジャニーズファンクラブ先行受付の申し込み方法は、コンサートも舞台も、郵便振り込み(先振り込み)からWeb申し込みへと変更していっていますね。

 

Web申し込みの場合は、申し込み案内メールにある応募フォームから申し込み、当選者のみチケット代金を支払います。

 

チケット代金は当選分のみ用意すれば良いのでありがたいのですが、その分、申し込みしやすくなり、どうしても倍率が高くなるというデメリットも・・・

 

【復活当選】

ファンクラブ先行受付後、チケット代金の入金がされなかったり、ステージ構成決定に伴う増席、無効チケットなどによりチケットが用意されます。

 

その場合、ファンクラブ先行受付の落選者の中から再抽選を行い、当選者のみ連絡がきます。

 

【特別登録受付】

特別登録受付のお知らせは、公演間近になって、FC会員宛にメールで届きます。

 

特別登録受付に申し込むと当選者にメールか電話で連絡とありますが、連絡がきても、ここまででは完全な当選ではなく、「当日の空席状況による当日抽選」となります。

 

あくまでお席の準備が出来る可能性があるということで、実際に当日行ってみても空席がなければ入れない可能性もあります。

 

本当の当落結果は、開演の10分程前から発表が行われ、当選の場合はその場で代金引換でチケットが発行されます。

 

舞台は、コンサートより会場のキャパが狭いので、チケットを手に入れるのは難しいです。

 

この特別登録受付は、舞台のチケットを手に入れるラストちゃんともいえるチケット販売方法です。

 

ただ、当選しても行ってみないと会場に入れるかどうかわかりませんので、地方に住んでいたり、日中仕事をしている人にとっては時間的に難しいところもあります。

 

【帝劇枠】

以前まで、帝国劇場のホームページで募集するハガキでの応募の申し込み方法があり、それを帝国劇場枠や帝劇枠と呼んでいました。

 

しかし、2018年9月に行われた『ドリボ 2018』の帝劇枠は、東宝テレザーブでの電話販売のみとなりました。

 

その後、2018年12月から2019年1月にかけて上演されるKING&Prince主演舞台『JOHNNY’S King & Prince IsLAND』も電話(東宝テレザーブ)での申し込みに。

 

一般発売日と同じ日の30分前に申し込みが行われていましたので、プレイガイド一般発売とは別物という感じでしたね。

 

ただ、2019年以降に上演が発表された『Endless SHOCK 2019』や『DREAM BOYS 2019』の帝劇枠は、一般発売と同じ日時で行われました。

 

2019年12月~2020年1月上演予定の『ジャニーズアイランド』も、一般発売と同じ日時で帝国劇場を窓口とする電話先着申込みが行われます。

 

発売日だけではなく、開始時間まで全く同じですので、こうなると帝劇枠というよりは一般発売というくくりになりますね。

 

【一般発売】

CNプレイガイド、ローソンチケット、チケットぴあで行われます。

 

それに加え、上でも書いたように2019年以降に発表された公演では、帝国劇場を窓口とした一般発売も行われています。

 

【生協枠】

コープ(生活協同組合)の会員がチケットを購入できるチケットサービスです。

 

生協枠では、ジャニーズ舞台をよくチケットを取り扱っています。

 

全国どの生協団体も対象というわけではなく、関東の一部の生協団体が運営しているチケットサービスで申し込みが行われます。

 

過去公演では、コープみらい・パルシステムという生協団体のチケットサービスで申し込みが行われました。

 

コープみらいの場合はライフなび、パルシステムの場合はcaicaというカタログに掲載されますので、会員の方はチェックしておきましょう。

 

【カード枠】

・チケットJCB

・Vpassチケット

・エポトクプラザ

・チケットセディナ

・三菱UFJニコスチケットサービス

 

上記5つのカード会員限定のチケットサービスで申し込みが行われます。

 

以前は、『セゾン・UCカード会員限定チケット』というサイトでも申し込みが行われていたのですが、ここ最近は行われていません。

 

カード枠の対象カードはありがたいことに、年会費無料で作れる対象カードもたくさんあります。

 

年会費無料のカードでチケット申し込みが出来るというのは、ある意味、無料でファンクラブに入るようなものですので、ありがたいですね。

 

カード枠については下のリンク内の記事を読んでみてください。

ジャニーズ 舞台「カード枠」の注意点は?当選確率を上げる方法はあるの?

 

以上、『帝国劇場でのジャニーズ舞台とは?おすすめのチケットの取り方は?』という記事でした。

タイトルとURLをコピーしました