三井住友VISAデビュープラスカード 学生と社会人の違いとは?

『三井住友VISAデビュープラスカード』がは高校生を除く18歳以上の方が申し込み可能なクレジットカード。

ですので、大学生・短大生・専門学校生などの学生さんもカード申し込みが可能です。

では、学生と社会人の違いはあるのでしょうか?

学生・社会人の大きな違いは限度額です

『三井住友VISAデビュープラスカード』は、学生さんと、社会人の方で、デザインや基本的なサービス内容に違いはありません。

学生さんと、社会人の方で違いがあるとすると、限度額です。

『三井住友VISAデビュープラスカード』のショッピングの「最大限度額」は、

・未成年学生:30万円

・成人学生(親の同意書なし):10万円

・成人学生(親の同意書あり):30万円

・未成年社会人:80万円

・成人社会人:80万円

となっています。(※すべて最大限度額)

学生さんは学業が本業ですので、しっかり働いている社会人の方に比べ、最大限度額がかなり低めに設定されているということです。

サイト内を確認⇒・デビュープラスカード

限度額は?三井住友VISAデビュープラスカード 社会人・学生の利用枠について

学生しか申し込めないサービスもあります

『三井住友VISAデビュープラスカード』を含む、『三井住友VISAカード』は、学生さんしか申し込めない「ライフ&スポーツ賠償付自転車保険」という無料の保険サービスがあります。

学生専用の保険サービスについて詳しく知りたい方は、下の記事を読んでみてください。

三井住友VISAデビュープラスカードの保険!海外旅行・学生向けサービスはあるの?

学生と社会人の違い まとめ

『三井住友VISAデビュープラスカード』を申し込む際、学生さんと社会人の方で、大きな違いはありません。

デザインもまったく同じです。

ただし、限度額に違いはあります。

また、他の『三井住友VISAカード』も含め、学生さんしか申し込めない「ライフ&スポーツ賠償付自転車保険」という無料の保険サービスがありますので、それもある意味では、学生さんと社会人の方の違いと言えるでしょう。

サイト内を確認⇒・デビュープラスカード

【比較】デビュープラスカード・クラシックカードの違いは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする