宝塚歌劇 宙組 アナスタシアは高倍率予想?当選確率UPの方法は?(2020年)

1997年公開のアニメーション映画に着想を得て制作されたミュージカル『アナスタシア』。

大人からこどもまで楽しめる人気作品に、宙組が挑戦します。

宝塚歌劇版では、宙組トップスター・真風涼帆さんの演じるディミトリに新たな楽曲提供もあり、力の入った公演となっています。

宙組の魅力はなんといってもトップコンビのコンビ力(りょく)でしょう。

その「宝塚歌劇らしい男役」に、右に出るものはいない!といっても過言ではない真風涼帆さんと、「宝塚歌劇らしい娘役」に磨きがかかる星風まどかさん。

身長差なども含めて「カップル感」は抜群です。

今回の作品でも、アニメーション映画そのままの可愛い雰囲気で、素敵な愛の物語を描いてくれるに違いありません。

倍率に関しては、2つの理由で特別に高くなく、低くもなく、通常通りだと思います。

まず、大きな役替りがないこと。

通し役ですと、1人あたりの観劇回数が跳ね上がることはないので、超高倍率にはなりにくいです。

そして、組替えなども今のところなく、トップ以下の体制が安定していること。

スターさんの異動などがあると、倍率にも大きく影響します。

ただ、そこは不確定要素なので、必ず1回はチケット確保しておきたいという場合は、やはり各種先行抽選に応募をおすすめします。

「超高倍率にはなりにくい」というだけで、宝塚の場合、簡単にチケットが取れるというわけではありませんので、のちのち「しまった!」ということのないように準備しておきましょう!

宙組公演『アナスタシア』に限らず、宝塚歌劇のチケット当選確率UPのためには、カード会社先行でのチケット申し込みなど、窓口を1つでも増やすしかありません。

以上、『宝塚歌劇 宙組 アナスタシアは高倍率予想?当選確率UPの方法は?(2020年)』という記事でした。

※カード会社先行は↓↓

【先行 チケット】宝塚歌劇宙組 アナスタシア(2020年)クレジットカード枠・カード会社先行 申し込み方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする