『KNIGHTS’ TALE』(ナイツテイル)チケスト・チケ流・ヤフオク!の転売チケットは買わない方が良い?

堂本光一くん、井上芳雄さん主演舞台『KNIGHTS’ TALE』(ナイツ・テイル-騎士物語-)のチケットは、二次流通サービスや、インターネットオークションで出品されているのでしょうか?

二次流通サービスにありました。

二次流通サービスで有名なのは、

・チケスト(チケットストリート)

・チケ流(チケット流通センター)

がありますが、この記事を書いている時点で、『チケスト』では60件、『チケ流』では600件以上の出品が確認できました。

KinKi Kidsファンクラブ先行受付当落結果発表は、すでに行われましたが、井上芳雄ファンクラブ先行や帝劇枠の当落結果は、これから出ますし、東宝枠や梅芸枠、カード枠、一般発売などまだまだ申し込みはありますので、これから出品数も増えるのではないかと思います。

インターネットオークション『ヤフオク!』では、現時点で『ナイツテイル』のチケットは出品されていません。

転売チケットに関するルール改正以降、『ヤフオク!』では、あまり高額転売のチケットは見かけなくなりました。

『ナイツテイル』の相場はいくらか。

この記事を書いている時点で、『チケスト』では、高いもので20万、安いものでも27,000円で出品されています。

『チケ流』では、高いもので35万、安いものでも29,000円します。

舞台なので、本人確認がないと予想しているのか、かなりの高額。

「さすがに高過ぎでは・・・」と、思ってしまいますね。

二次流通チケットは買わない方が良いのか。

『ナイツテイル』のような人気舞台ですと、なかなかチケットが手に入らず、それでもどうしても行きたいと願う人がたくさんいます。

そんな方々にとって、チケットを売りたいという人とつながることができる場所があるのはありがたいことです。

しかし、運営側が規約違反としている場合は、やはりおすすめすることはできません。

例えば、ジャニーズのチケット販売規約では、目的・手段の如何を問わず、有償・無償を問わず、チケットを第三者に譲渡することを禁止しています。

規約違反をして、そのチケットが他人名義のチケットだとわかれば、退場になったり、最悪の場合、ファンクラブを強制退会させられることもありますので、正規ルート以外での購入はやめておくべきだと思います。

もちろん、買う買わないは個人の自由だと思いますが、特に、高額なチケット、当落発表後すぐに出品しているチケットは、転売目的の業者や個人が販売しているチケットである可能性が高いので、買わない方が良いかと思います。

まだまだ、チケット申し込み方法はありますので、まずは、それらに挑戦してみることをおすすめします。

※発表済みのカード枠も↓↓

カード枠は?堂本光一主演舞台『KNIGHTS’ TALE』(ナイツテイル-騎士物語-)クレジットカード枠 の申し込みはあるの?

※チケット情報 まとめ↓↓

チケットの取り方は?舞台『KNIGHTS’ TALE』(ナイツテイル-騎士物語-)東京・大阪 チケット購入方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする