『KNIGHTS’ TALE』(ナイツテイル)ツイッターでの「交換希望」は規約違反?

ツイッターでは、堂本光一くん、井上芳雄さん主演舞台『KNIGHTS’ TALE』(ナイツ・テイル-騎士物語-)のチケット「交換希望」ツイートをたくさん見かけます。

転売目的ではなく、お互い条件があった人とのチケット交換は、違反ではないのでしょうか?

ジャニーズでは交換も違反になります。

ジャニーズのチケット販売規約では、目的・手段の如何を問わず、有償・無償を問わず、チケットを第三者に譲渡することを禁止しています。

ツイッターでのチケット交換は、チケット売買ではありませんが、チケットを第三者に譲渡することになりますので、残念ながら他人名義のチケットで入場することは規約違反となります。

規約違反が判明した場合は、チケットは無効となり、公演への入場は拒否され、すでに入場している場合は退場となってしまいます。

なぜ違反なのか?という疑問も。

申し込みをした後に、仕事や学校の予定が入ってしまい当選した日に行くことができなくなってしまったり、同行者が行けなくなったのでチケットが余ってしまったなど、ツイッターでチケット交換を希望する理由は様々です。

決して、営利目的ではなく、純粋に応援しているファン同志が、お互いの条件が合い、お互いが納得して上でチケットが交換するということが、悪いことをしているとは、思えません。

むしろ、チケットが無駄になることなく、空席を作ることが避けられ、行きたいと願う人にチケットが届くということは、良いことのようにも思えます。

ですので、ツイッターでのチケット交換が、規約違反と言われても、ファンとしては、納得いかない気持ちもあります。

しかし、転売目的や詐欺などの被害からファンを守るためにもルールは必要ですし、現状、違反は違反ですので、おすすめ出来る行為ではありません。

FC枠以外のチケット交換について。

例えば、カード枠などの場合、チケットの交換に関して、詳しく注意書きがあるわけではありません。

ただし、現在、チケット申し込みが発表されている『三菱UFJニコスチケットサービス』での申し込みでも、公式サイト内に「※転売チケット無効。」と書かれていますので、運悪く本人確認に当った場合、「退場してください。」と言われても文句は言えないかなと思います。

交換は厳密には転売チケットではありませんが、本人名義のチケットではありませんので、転売チケットではないということを証明することが出来ません。

舞台の場合、ほぼ本人確認はないと考えて良いかと思いますが、万が一のことを考えて、念のため、転売チケットや、交換チケットで入場するのは避けておいた方が良いでしょう。

※カード枠はまだ間に合う?↓↓

カード枠は?堂本光一主演舞台『KNIGHTS’ TALE』(ナイツテイル-騎士物語-)クレジットカード枠 の申し込みはあるの?

※発表済みのカード枠↓↓

ニコスカード枠の注意点とは?舞台『KNIGHTS’ TALE』(ナイツテイル-騎士物語-)『三菱UFJニコスチケットサービス』封書での応募方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする