『ナイツテイル』フライヤーと号外がメルカリやヤフオク!で?大阪・梅田芸術劇場では!?

堂本光一くん、井上芳雄さん主演舞台『KNIGHTS’ TALE』(ナイツ・テイル-騎士物語-)の制作発表が2018年5月31日に行われました。

そして、『ナイツテイル』の号外やフライヤーの配布も行われましたので、関連情報をまとめておきます。

号外・フライヤーの配布について

6月1日に、『ナイツテイル』の号外とフライヤーが配布されました。

号外は、読売新聞特別号外として、帝国劇場前、交通会館前、東宝日比谷ビル入口など様々な場所で配布されました。

フライヤーは、帝国劇場窓口にて1人1枚配布しています。

梅田芸術劇場でのフライヤー配布について

「ナイツテイル」は、9月18日から梅田芸術劇場メインホールでも上演されますが、残念ながら大阪での、号外の配布はありませんでした。

フライヤーも梅田芸術劇場メインホールには置かれていないようで、梅田芸術劇場メインホールへ確認したところ、現段階ではフライヤーは作成されていないですし、今後、作成されるかどうかもわからないようです。

フライヤーについて何か決定した場合、梅田芸術劇場メインホールへ問い合わせすれば、教えてくれるそうです。

メルカリやヤフオク!での販売について

フリマアプリ「メルカリ」では、たくさんの『ナイツテイル』フライヤーと号外が出品されていて、すでに売切れとなっているものもたくさんあります。

ちなみに、相場は、フライヤーと号外のセットで2,000円~3,000円、バラ売りだとそれぞれ1,000円~2,000円ほどで出品されています。

インターネットオークションサービス「ヤフオク!」でも1000円前後で出品されています。

東京から遠方に住んでいるファンや時間的にどうしてももらいに行けないファンにとって、号外やフライヤーの出品を有難く思う方が一方、無料配布してくれてる号外やフライヤーを販売目的でもらってくること関して、悲しく思っているファンも多いようです。

ほとんどの方にとって、手が出ない金額ではないというところが歯がゆいですね。

感心するようなことではありませんが、値段設定が絶妙すぎます。

「メルカリ」や「ヤフオク!」で購入するかどうかは、あくまで個人の判断だとは思いますが、特別号外のデータは、6月11日(月)18時まで東宝公式サイトにて掲載されていますので、残念ながら手に入れることができなかった方は、そちらで確認することをおすすめします。

また、フライヤーのビジュアルも、公式サイトにて確認することができます。

※まだ間に合うチケット情報は↓↓

舞台『KNIGHTS’ TALE』クレジットカード枠 の申し込みは?

舞台『KNIGHTS’ TALE』チケットの取り方 まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする